« 芥川龍之介の皮肉 | トップページ | 思い切りよく »

手ぐらい洗え

・ケーブルTVの営業の方に、私がblogを書いている旨を伝えると、ちょっと汚いネタではあるが、一つネタを提供してくれた。それは、男子トイレで手を洗わない奴が多い中、手を洗っていないのに、エアータオルで、手を乾かしている奴がいた、というものだった。要するに、お前、一体、何を乾かしているんだよ!!という事である。それ以来、私は、エアータオルを使う際には細心の注意を払う様になった・・・その営業の方は、すぐに文系であると判ったが、配線工事の方達は、やはり、すぐに理系だと判った。

・去る者追わず、来る者拒まず、実力さえあれば受け入れる・・・それが私が通っていた数学塾の方針だった。男の場合、早くて当日、遅くても一ヶ月で消えていった奴ばかりだった。私は、数学が好きだったから、どんな屈辱にも耐えられたが、そうでなければ到底絶えられるものでは無い、いわゆる、心の道場であった。私の学年で最後まで残ったのは、私ともう一人の友人だけだった。その代わり、もしも、その塾で数学を教わっていなかったら、私には、行く大学が無かったであろう。そう思うと、とてもありがたい気持ちにもなる。

・数学塾時代の恩師の言葉。「微分が出来ない奴が、どうやって積分を出来るんだよ」・・・これは私に対しての言葉では無いのだが、結構、どぎつく言われる事が判るというものだ。しかし的を得ているから、何も言い返せないのである。悔しかったら、必死で勉強するしかないのだ。理解できたら、微積分など楽だし、とても応用の利くものなのだが。

|

« 芥川龍之介の皮肉 | トップページ | 思い切りよく »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54211006

この記事へのトラックバック一覧です: 手ぐらい洗え:

« 芥川龍之介の皮肉 | トップページ | 思い切りよく »