« グリーンカレーへの挑戦 | トップページ | 同じ挨拶するな »

マリリン・マンソンに騙されて

・私の塾講師時代の後輩講師で、とんでもないハッタリ野郎がいた。私は、いろいろなジャンルの音楽を聴くのだが、そのハッタリ野郎が、事もあろうに、私に『マリリンマンソン』を勧めてきた。マリリンマンソンといえば、銃乱射事件の矢面に立っていた頃で、放送禁止用語をシャウトしていた奴でもある。後輩は、バンドを組んでいたらしいが、私の方が音感とリスニングが良かったので、一緒に車で送ってやる際、私が、「ここでファンの奴がこう言っているだろ」とか、「マンソンはこう言っているだろう」などと言うと、その場は黙っているのだが、一週間ぐらい経つと、「俺も、そこん所、ちょっとハードすぎると思っていたんスよね」と言っていた。私は黙っていたのだが、また、こいつの仮面がはげると思い、そいつの保身をしようかどうか迷っていた。塾の皆の前でやるのは論外だったが、いい加減ハッタリ野郎に愛想が尽きていた。そんな時、幸い、マリリンマンソンが日本ツアーをやるというので、そいつに観に行こうと誘った。「マンソンならチケット取るのも楽だろうし、一緒にコンサ-トに行かねえか?」と。すると、あれだけ熱く、マリリンマンソンを語っていた男が、即座に、「嫌ですよ。俺、殴られたくないですもん」と、引きつった顔で、醜態をさらした。メッキが剥がれた瞬間だった。車の中での話ではあるが・・・

・ハッタリ野郎の影響で、大学時代の友人に、「最近、マリリンマンソン聞いているんだよな」と言ったら、その帰国子女の友人から一言、「お前、聴く音楽間違っているよ」と言われた。もちろん、好きということでは無く、聴く音楽のジャンルを増やしたかっただけなのだが・・・

|

« グリーンカレーへの挑戦 | トップページ | 同じ挨拶するな »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54271240

この記事へのトラックバック一覧です: マリリン・マンソンに騙されて:

« グリーンカレーへの挑戦 | トップページ | 同じ挨拶するな »