« 原チャリが壊れる時 | トップページ | 座右の銘として »

質量を積分したらどうなるか?

・私が、高校までの物理学を勉強し終わった時、『加速度は何で微分できないのだろう?』と思った。強引に言えば、『加加速度』と、計算は出来るのだが、私が疑問に思った事は、何故それが物理的な意味を持たないのだろうか?という、基本的で哲学的なものであった。つまり、『加加速度』などと、単純に割り切ったら、数にきりがない様に、単なるパラメータになってしまう。私はパラメータ一つ一つの物理的な意味を知りたかっただけである。今から十年ほど前、ある友人から、「自由落下でも、何かが出てくるかも知れません」というヒントをもらった。最初は意味が解らなかったのだが、真面目に考えているうちに、アインシュタインの『等価原理』を疑えば、何か意味があるのかも知れないと気が付いた・・・思えば私は大学一年の頃の知り合いに、『エネルギー保存則』について、「あれは、時間と長さについてしか考えられていない。それについて考えるよりも、他のパラメータについて考える方が、よっぽど面白い。例えば質量を微積分したらどうなるのかとか、そういう事を考える方がよっぽど面白い」などと話していたのだが、その知り合いには、私の言っている事が、さっぱり解らない様子であった。しかしながら、彼の方が成績はいいのである。私は、『所詮、大学まで来てみても、この程度か』と思っているうちに、学んでいた事を忘れだした。そんな私にとって、E=MC2というアインシュタインの相対論は、奥が深かった。

・世界史上、ウズベキスタンのタシケントは、シルクロードで、ものすごく重要な街だった。

|

« 原チャリが壊れる時 | トップページ | 座右の銘として »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/53970087

この記事へのトラックバック一覧です: 質量を積分したらどうなるか?:

« 原チャリが壊れる時 | トップページ | 座右の銘として »