« 課題図書(新年会その5) | トップページ | 宴のあと(新年会その7) »

田酒登場(新年会その6)

・今年も例年と変わらず、新年会のために、斗瓶造りの『田酒』を出してくれた。青森のお酒らしいのだが、あまりにも旨いので、一升瓶があっという間に開いてしまう。これを飲んでしまうと、他の日本酒は飲めなくなってしまうくらいに旨い。今年は私は三杯飲んだが、絶妙であった。初参戦の友人も、感心していた。一升瓶が開いた頃に、本を紹介した友人から、「日本の文化論について語ってくれ」と頼まれたので、しょっちゅう、このblogで書いている内容の話をした・・・いずれ、日本人とは何か?と迷う時代が来る、と。友人は、えらく感心し、「それが解っているのなら、問題ないよ」と言った。初参戦の友人が、私の書いているblogを読んでくれたらしく、「俺たちが仕事で書く書類とは、やっぱり違うんだよな」と言ってくれ、お世辞だとしても嬉しかった。そして、「俺も論文書いて、応募したことあるよ。落選したけれど・・・」と話すと、どこからともなく、「マジでか?」という話になり、「親父が生きていた頃に、某月刊誌で、『教育再建』というテーマで書いた。塾講師とかしてた期間が長かったからなあ」と話し、続けて、「誰が書いてもいいという条件だったのに、選ばれた三人はみんな教師だったんだよな」と言うと、「それはおかしい」という声が飛び、私が、「その三人の論文は、教育再建論なんて書いてはいなくて、俺は、論文だと思って、あえてカタい文章を書きながらも、教育再建の方法論を道徳に基づいて、しっかりと書いたんだけれど、親父に全部の論文を読んでもらって、二人して、漫画を応募しているところに論文送っちまったな、と嘆いていたよ」と、言うと、「それって編集者の質が低いってことだよな。これから出版社も潰れて行くだろうしな」という話になった。そうして、ここのところ、分割睡眠が続いている私は、不覚にも、眠ってしまった。

・~トキが七羽に減ってしまったと~(さだまさし)

|

« 課題図書(新年会その5) | トップページ | 宴のあと(新年会その7) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/53970083

この記事へのトラックバック一覧です: 田酒登場(新年会その6):

« 課題図書(新年会その5) | トップページ | 宴のあと(新年会その7) »