« 異性の魅力とは・・・ | トップページ | 利害関係の解らない馬鹿 »

世の中って、そんなものだよ・・・

・中三の頃からの付き合いで、将来の夢を語り合った友人がいたのだが、私は『未定』なのに対し、彼はハッキリと、「化粧品の開発がしたい」と言っていた。私はその時点で、将来の夢が決まっているのを羨望するよりも、『未定』な私自身が情けなく思えた。彼は現役で東大に行き、某化粧品メーカーに予定通り就職した。彼がフレッシュマンの頃(もう、十五年以上前になる)に、久しぶりに電話で話をした。お互い、別々の大学で過ごしてきたのだが、高校の頃は、私が彼の話す事を聞くだけだったが、電話した時には、完全に私が話のイニシアティブを取っている事に気が付いた。何故かと考えたが、大学時代の過ごし方で逆転したのであろう。彼も、大学の研究室という組織で悩んでいたが、それについては、彼から送られてくるメールに、事細かに対応した。また、彼が就職した後、文句を言っていたのだが、高級化粧品の原価とシャンプーの原価が変わらないという矛盾について語っていたのだが、私はそれを聞いて、彼が本当に真面目な奴だなと感じ、「シャンプーよりも化粧品の方が開発費が掛かるだろうし、そんな矛盾、考えるな」と話した。「でも・・・」という彼に、「世の中って、そんなものだよ・・・そういう仕組みで出来ているんだ」と話した。・・・確かに高級な化粧品は高すぎるというのは事実であるが、クレオパトラの時代から、女の身だしなみとして存在していた事も事実であって、当時も高かったことだろうな、とぼんやりと思った。

・女というものは、いつでも美しくありたいと願っているもんなんだな・・・まずは、心を磨くべきだと思うのだが。

|

« 異性の魅力とは・・・ | トップページ | 利害関係の解らない馬鹿 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54044738

この記事へのトラックバック一覧です: 世の中って、そんなものだよ・・・:

« 異性の魅力とは・・・ | トップページ | 利害関係の解らない馬鹿 »