« 友人からのメール | トップページ | 日の丸を背負って »

段の上・・・?

・塾講師時代、国語のプロフェッショナルがいた。私達は、毎週、毎月、恐ろしい程のコメントを書かされていた(これは契約違反で、塾長が二倍以上書かせたのである)。私は中学生だったら、全科目、教えられたが、彼がいたので、黙って、理数中心に教えていた。彼は、私と同じく、古典の活用なんか覚えていないのに、完璧な答えを出す講師だった。だから、安心して任せていたのだが、ある時、月末のまとめの蘭に、『徐々に』と書くところを『除々に』と書いてしまい、大慌てで塾に書き直しに来たらしい。その律儀さにも感心するのだが、国語の教師をしている以上、そうしなければ、示しがつかない。私だったら御愛敬で済ませてしまうのだが、彼の誠実さは、皆に認められていた。

・飲んでる時に、ある女の子が、異常に字が達筆だったので、「書道何段持っているの?」と聞いたところ、その子は、やや遠慮しながら、「・・・段の上にも試験があるんですよ」と応えた。それを聞いた私は、ビックリして、「書道には段の上にも位があったのか!?」と驚いた。そうして、「僕も書道習っていたけれど、7級止まりで知らなかったよ」と言い、「いつか稽古をつけていただきたいと存じます」と言って、だめな塾講師の女の子を持ち上げた。

・口だけではない。行動しなければ、人間には意味がなくなるのだ。

・(あの悲願千人斬りで御高名な)米長邦雄大先生の考え方は、既に古い。

|

« 友人からのメール | トップページ | 日の丸を背負って »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/53970092

この記事へのトラックバック一覧です: 段の上・・・?:

« 友人からのメール | トップページ | 日の丸を背負って »