« ニート扱いされて | トップページ | 激論を交わす »

笑わせてあげるよ

・「あのなぁ、確かに俺には何の才能もないかも知れない。でも、辛かった時には、いつでも連絡してこいよ。力にはなれないかも知れないけれど、話を聞く事はできる。・・・笑わせてあげる事もな!!」

・いかにアドリブで対処するかという事に、最近は凝っている。ちょっとした、ご近所の挨拶でも気の効かせようがあるだろうと考える。その人を、いかに笑わせようかと考える・・・自分にパワーのある時なら、幾らでも可能だったが、自分にパワーがない時には難しい。『品のいい、ユーモアの効いた笑い』が最上のものだと信じている。アメリカンジョークがつまらないのは、アメリカ人が脳天気な事もあるが、心に繊細さというものが欠けているからだと考える。

・人前だけでニコニコしているのは偽善者である。心の本質は、もっとドロドロしたものなのだ。私は、『愛』の反対語は『偽善』だと受け止めている。

・私は、私をけなした者を憐れだと思う勇気を手に入れた。妬んだりもしない。けれど、苦しむ。どうしてあの人はあの時、そんな皮肉を言う必要性があったのかと苦しむ。全部、自分の行いが悪いせいではないかとも苦しむ。気持ちがどんどん沈んでゆく・・・私は何もしていないのに、あんな皮肉を言わすのは、人間や社会のどういう歪みだろうかと、苦しむ。私の事を公に軽蔑してもらっても構わない。そこに私の発言の場があるならば。しかし、陰口は、いやらしい。

|

« ニート扱いされて | トップページ | 激論を交わす »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/53970061

この記事へのトラックバック一覧です: 笑わせてあげるよ:

« ニート扱いされて | トップページ | 激論を交わす »