« 武勇伝 | トップページ | つれあいを亡くす悲しみ »

壊れかけのドラえもん

・海外にあてもなく独りで旅する時の帰りの飛行機のチケットは、オープンチケットを取るのが鉄則である。

・昔、友人のやっていた飲み屋の常連さんの一人に、床屋の、やっさんという、私より多少年上の方がいた。可愛がってもらったが、とても大切な事を教えて下さった。それは、「男女関係というのは、お互いが黙っていても平気な事が大切なんだよ」ということだった。教えてもらった当初は、今ひとつピンと来なかったが、よく考えてみると、『気を遣い過ぎたら無理があるだろ』という事に、現在の私の中では帰着している。

・前の日銀の総裁が、己の利益の為に、ファンドに手を出すなんて考えられない事だ。そんな国は無茶苦茶になるに決まっている。

・藤子不二雄の生き残った方は駄目である。俗世間に染まりすぎている。こないだ、ドラえもんを観たが、途中でTVを消してしまった。夢が無いどころか、子供に悪影響を与える様なストーリーだった。ドラえもんは22世紀から来た、猫型ロボットということもあり、故障してしまったのだろう。さしずめ、TVにしろ映画にしろ、『壊れかけのドラえもん』を流しているということだ。もしも、私が親だったら、子供には観せないだろう。

|

« 武勇伝 | トップページ | つれあいを亡くす悲しみ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/53970046

この記事へのトラックバック一覧です: 壊れかけのドラえもん:

« 武勇伝 | トップページ | つれあいを亡くす悲しみ »