« レクイエムについて | トップページ | 小心者 »

命の不思議

・二車線の道路で、左車線に路駐している車や、バスがいるのにもかかわらず、タクシーは左車線から強引に右車線に入ってきたりするので、当初は、乱暴な運転だと思っていたが、よくよく考えてみると、タクシーが右車線ばかり走っていたら、客が拾えない(商売にならない)事に気が付き、許せる気持ちになった。

・私が小学二年の夏休み、ヘルニアの手術で、生まれて初めて全身麻酔をしたのだが、手術中、一回だけ目を開けた記憶がある、と母に話したら、母も若い頃、虫垂炎のオペをする際に、全身麻酔の途中で一瞬、意識が戻り、医者が、「今日の切り方、違うやろ」と看護師さんに言っているのを聞いた記憶がある、と話していた。麻酔の量にもよるのかも知れないが、何か、命の危険が迫った時の、人間の本能の凄さを感じてならない。

・部屋の花瓶の花は、下から咲いてゆく。不思議だ。

・そろそろ年賀状を書かなければならない。コンピューターに向かう時間が増えるのを考えると憂鬱だが、今年は旅行に行っていないので、昨年の写真を使おうかと迷う。印刷の仕方を間違えない様にしないと。あとは、一言ずつメッセージを書くだけだ。

|

« レクイエムについて | トップページ | 小心者 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/53970027

この記事へのトラックバック一覧です: 命の不思議:

« レクイエムについて | トップページ | 小心者 »