« 勝負師 | トップページ | 真っ直ぐな男 »

物事というもの

・物事というものは、何事でもそうなのだが、始めた当初は右も左も見えない中、暗中模索するのが当然の事と考えなければならない。その闇の中で、どれだけもがけるか、つまりは忍耐と勇気と辛抱の根性が必要なのは、言うまでもない。大概の人は暗闇を恐れて立ち止まってしまう。そんな中で、粘り続けた者だけが、その先の光溢れる果実を手にする。一度も、そういう体験をした事がない者は、何事に付いても同じ過ちを繰り返す。暗闇の中で、勇気ある一歩を踏み出せば、すぐに闇から出る事が出来るのに・・・

・曲名が限りなく放送禁止用語に近いので、詳細は書けないが、その曲の二番目の出だしは、「芥川龍之介が『スライ』を聞いてお歌がお上手とほざいたという」という部分があった。あらゆる文献を調べたのだが、『スライ』は全然載っていなかった。なんだこれは!と腹が立ち、それでも悔しくて、「スライ、スライ・・・」と呟くうちに、日テレの24間TVのテーマソングである『サライ』にぶち当たった。谷村新司はまだしも、毎年聞いていると、合唱の中で、永遠の若大将なる人物の音痴さ加減が嫌に耳に付く様になって仕方がない曲である・・・最初に取り上げた曲は、多分『そこら辺』をヤジった曲なんだろうと思った次第である。

|

« 勝負師 | トップページ | 真っ直ぐな男 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/53969991

この記事へのトラックバック一覧です: 物事というもの:

« 勝負師 | トップページ | 真っ直ぐな男 »