« 『我慢』と『辛抱』 | トップページ | 『花道状態』 »

火野正平の一物

・久々にタクシーに乗った。運転手さんは初老の方だったが、話が盛り上がった。私が、「ここから京都までタクシーで行くのに、いくらぐらい掛かるんでしょうか?」と聞いたら、「東京から青森までで、二十数万と聞いた事がありますよ」と教えてくれた。また、高速で長距離を移動する際のガソリン代は、タクシー会社が受け持つと聞いた。一度はやってみたい技だが、私の財布には三万くらいしかなかったので、あくまでも冗談で聞いたのだ。その後、ますます運転手さんと盛り上がり、曰く「男女雇用機会均等法だかなんだか知らないが、女の運転は危なすぎる。男には男にあった仕事があり、女には女に向く仕事がある」とおっしゃたので、私も、「軽自動車、ピンク色、若い女、要注意ですね」とギャグで言ったが、運転手さんの言う事も解る。私自身も運転していて、一時停止無視の車にぶつけられそうになった事が何度もある。事故を起こしても、何にも良い事なんてないので、もらい事故だけは勘弁してもらいたい。まあ、うちの母も教習所で二回程事故ったので、偉そうな事は言えないが、母は車の運転を止めた。私から言わせると、母の助手席に座った際、人を殺すか自分が死ぬかというレベルの運転だった。そんな母がゴールドカードなのには納得がいかないし、おちおち飲みにも行けないのが不満だ。

・20年程前、誰が言ったのかは覚えていないが、「火野正平の一物はでかい。さすが女にモテる人は違うなと思った」という発言を聞いた事がある。問題は、一物の大きさではなく、あっさりとした性格にあるんだろうなと、幼心に思った。

・悔しい思いをした事の無い人なんていないんだよな・・・

|

« 『我慢』と『辛抱』 | トップページ | 『花道状態』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/53970009

この記事へのトラックバック一覧です: 火野正平の一物:

« 『我慢』と『辛抱』 | トップページ | 『花道状態』 »