« 『花道状態』 | トップページ | オペラ映画、『ドン・ジョバンニ』を観て »

希望ある未来へ

・神経科の主治医に、3日前に書いた、『辛抱』と『我慢』の違いについての話をしたら、先生は、「それいいね。僕も使わせてもらっていいかなあ」と仰ったので、「もちろん、構いませんよ。その言葉で、苦しんでおられる患者さんが、少しでも癒やされるのならば、私としても本望ですし、先生への僅かながらの恩返しになります」と申し上げたら、先生は、「ありがとう」と仰って下さったので、とても嬉しい気持ちが溢れた。

・若かりし頃、ある友人が、「女は、『かわいい』に弱いんだよな」と言ったので、ついつい、「内心はドロドロしている奴が多いけどな」と応えてしまった。現在、三十路の私は、それもまた人間、と思うようになった。

・折角、手相観の先生がいい事を仰って下さったのだから、先生と交わした、おひさまが照っている間は、お酒を飲まない、という約束と、散歩などの運動をする、という約束とを守ろうかと、実行し始めた。たとえ、どんな思いをしても、人を恨まず、落ち着いていて、明るく生きて行こうと考えるようになった。その方が自分自身も気持ちが良いし、人に優しく接することができるだろうと思ったし、極端な事を言うと、blogに始まり、あらゆる機会で、そういう姿勢を示す事が、私の役割なのではないかと感じ始めた。そう思うと、自分も希望ある未来へと向かえる。現在、自室の窓を開け、深呼吸してから、太陽の明るさを感じて、クラッシックを聴きながら、blogを打っているのが、この上なく心地よい。ささやかな幸せを感じる。

|

« 『花道状態』 | トップページ | オペラ映画、『ドン・ジョバンニ』を観て »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/53970011

この記事へのトラックバック一覧です: 希望ある未来へ:

« 『花道状態』 | トップページ | オペラ映画、『ドン・ジョバンニ』を観て »