« 戦場のメリークリスマス | トップページ | 貪り »

眉毛いじり

・私が歩きの旅をしている時、髪が伸びてきたので床屋を探していたのだが、美容院しか見つからなかった。仕方がないので入ってみたのだが、最後に眉毛をいじられそうになったので即座に止めてもらった。私の考えでは、男が眉をいじるのは、化粧をしているみたいで、ムシズが走る。TVで大学の体育会の選手が何人か出ていたが、一人を除いて、皆、眉をいじっていたのにはビックリした。しかも、私の目が節穴でなければ、似合っていないどころか、お手入れをしていない奴がいた。

・恐竜が気候の変動に付いて行けなくて滅んだように、現代の人類も、度重なる天変地異に付いて行けなくなり、滅亡する日も近いのではないだろうか?自分は、このままだと人類は、あと千年生き延びる英知はないと観ている。所詮、人間が我欲の塊となって、暴走しているというのが現状だろう。

・大学院の入学試験(院試)で、全科目カンニングでぶっ通した奴を、俺は知っている。噂によると、そいつが付き合っていた女子高生は、長い間、そいつと付き合いたいたいがたいが為に、そいつが留年する事を望んでいたらしい。男が男なら、女も女だ。

|

« 戦場のメリークリスマス | トップページ | 貪り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/53969980

この記事へのトラックバック一覧です: 眉毛いじり:

« 戦場のメリークリスマス | トップページ | 貪り »