« 辞書というもの | トップページ | シンプルに考えよう »

お盆の夢

・お盆は、父の三周忌だった。夢に出て来てほしかったが、三周忌の喪が明けた。もう、何も悩まない。強く生きていこう。

・塾講師時代、国語のの塾講師に、「徒然なるままにって、どう訳しますか?」と聞かれた事がある。悩んでいたら、その講師が、生徒に、「どうだ、俺がどれだけ凄いいか解ったか?」の様なことを言っていた。私が徒然草の冒頭を思い出し、「時の流れに身を任せ」と呟いたら、みんなが、それはテレサテンの歌だよと爆笑する中、その国語の先生が腕を組んで唸りだした。結局、その講師は、「それって正解ですよ」と呟いた。

|

« 辞書というもの | トップページ | シンプルに考えよう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/53969911

この記事へのトラックバック一覧です: お盆の夢:

« 辞書というもの | トップページ | シンプルに考えよう »