« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

血走った目、恐るべし

・高校時代の部活の夏合宿で、夜中に体育館で野球をしていたら、ベテランの体育教師が、血走った目で、「お前ら、いい加減にしろ!!」と言って、後輩の生徒を本気で殴っていた。みんな黙っていたが、体育教師が去った後、みんなが殴られた後輩を慰めていたが、誰かが、「あれは酒が入っていたな」という話になり、後輩に同情していた・・・それから何十年経っても飲み会などで、その話題が出ると、今では、笑い話になっている。

・殴った教師が去っていった後、後輩が、「何で僕だけ殴られるんでしょうね」と言った後に、みんなが、「役割、役割」と言って、大爆笑していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんで?

・解らない事があった場合、「なんで?」と聞いてくる小学生がいる。私はその子にもの凄く将来性を感じる。

・何故八幡宮に鳥居が出来たのか考えてみた。要するに源義家と頼朝が神として君臨しているということだろう。;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痛み

・殴られた人ほど、人の痛みが解るんだよ。

・言うべき事は、言い過ぎてもいけないこともある。でも、本当に言うべきことは、言わなければならないこともある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かわいげ

・あんまりマセ過ぎた娘も良くないんだ・・・かわいげがないんだよ。

・人間、どんな仕事をしていても、家に帰れてばお父さん。どんな仕事でも、一生懸命働いている背中を見せると、子供は絶対に曲がっては育たない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商売人

・人に対してイヤな事をする人間は、必ず同じ様な運命をたどるのだ。

・商売人は、客が八割、自分は二割だけ得したように思わせる。これは、二割で、信頼を得たのと同じ事なのだ。損をして得を取る所に商売の極意がある気がしてならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職人

・本当の職人は、客の信頼を勝ち取る。二度目も頼まれる商売をすることも大切だ。

・犬といえど、愛犬は、人間の言葉や機微が全て解っている。家族でしょんぼりしたりしていると、ものすごく心配してくれる。犬といっても、人間以上に、優しさや思いやりがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOSS

・仲間を守ることも、BOSSの重要な役割。

・大切なことは、一度、習い始めたものなら、一流にならなければならないということ。それ以外に価値はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩の世界

・詩というのは、魂のかたまりなんだ。

・詩の世界でも、圧倒的に、女より男の方が強い。それだけ儚いものだからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下働き

・どんなアーティストでも、下働きをしなければ、長持ちしない。どんな仕事もそんなもんだ。

・ある後輩の帰省の際のおみやげは、ますの押し寿司だった。今まで観たことが無い、二段重ねの最高級品だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

登山

・器を知って山に登れ。

・必要なことはたくさんあるけれど、無駄をへずる事の方が先だ。当たり前のことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悠久

・お茶の時間とは、悠久の時間を楽しむことである。

・報道する度胸もない、マスメディア程、かっこわるいものはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タロット

・研究室時代、ある会社に技術的な電話を入れたら、就職枠が一つ増えた。しかしながら、到底、行く気にはなれなかった。後輩が二年後に行った。

・親しい占い師によると、タロットカードは月の出ている際に占うものらしい。昼間するのは嘘っぱちっていうことだ。私もタロットは好きで、一通りそろえてはいるが、どこにやったか忘れてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桟橋

・独りでポツリと考え事をしていたら、桟橋で、一日中、釣りをしている人の気持ちが解った気がした。

・人生観が変わったら、不思議と、囲碁観、将棋観、というものが変わってきた気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンプルに考えよう

・重要なことはシンプルに出来ている。それに気が付く人も少ないんだ。例えば、有機化学の基本は、電子の移動だけで決まるっていうように。

・蚊って二酸化炭素に反応するんだよ。屋外でお酒を飲んでいたら、体中から二酸化炭素が放出されるんだ。刺されるのが嫌なら、お酒を控えることだ・・・けれど、花火大会とかになったら、呑んじまうんだよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お盆の夢

・お盆は、父の三周忌だった。夢に出て来てほしかったが、三周忌の喪が明けた。もう、何も悩まない。強く生きていこう。

・塾講師時代、国語のの塾講師に、「徒然なるままにって、どう訳しますか?」と聞かれた事がある。悩んでいたら、その講師が、生徒に、「どうだ、俺がどれだけ凄いいか解ったか?」の様なことを言っていた。私が徒然草の冒頭を思い出し、「時の流れに身を任せ」と呟いたら、みんなが、それはテレサテンの歌だよと爆笑する中、その国語の先生が腕を組んで唸りだした。結局、その講師は、「それって正解ですよ」と呟いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辞書というもの

・辞書は引くものではなく、読むものです。それをどれだけ読むかが勝負なのです。

・盆に殺生してはいけないというのは、死者の魂が帰ってくるからだと教えられました。それならば、せめて、今夜だけでも、別離した人達と、夢の中ででも会ってみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラトニック

 性にルーズになった時代・・・社会に出る前も、大学時代にも、異性をカモにする奴がいる。彼氏や彼女を作って、楽しんで、捨てる奴がいる。これはご先祖様だけではなく、未来の伴侶に対しても、申し訳が立たない。そういう事をしたら、あなたは、自分の子供に同じ事をされても、何も言えないはずである。巡り巡って、自分に返ってくるということだ・・・童貞だとか処女だとか、それは自分の問題でもあるが、貞操観念を考える限り、純情に自分を大切にしているという証拠なのです。戦前の男性、女性を思い出して下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぽつりとした事

・ある女から、占いに全く興味がないと聞かされた。それは、多分、不幸な事だよ、とだけ言った。なぜならば、そういう女はよほど自信があるか。その逆だ。そういう女には全く魅力がなかった。かわいくもなかった・・・そういう気持ちって、男はともかく、女には大切なんだよな。

・人はなりたくても、成れないものがあるのだ。いい例が詩人だ。それも才能なのかなあ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

底を見せない

・勝負師は死んでも起きていなければならないときがある。三日ぐらい打ち続けても、仮眠ぐらいなら許されるが、起きていなくてはいけない・・・一番楽な麻雀とは友人と打つ麻雀なのだ。うちの親父は、会社で横綱級だったが、私の友達相手には、「本気で勝ちに行く気がしない」と語っていた。

・毎日毎回、女ほど解っていないものはいないんだ。男っていうのは、損な役回りなのかも知れないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『千の風になって』

・『千の風になって』は、誰もヘブライ語を訳せなかっただけだ。そんな、パクリはどうでもいい。創造性が、人間にとって一番大切なんだ。しかも、実父を亡くした自分としては、音楽も詩も、全く癒しになっていない曲だ。そんなものはFAKEである。時だけが、人を癒やしてくれるものなのだ。

・人間として、やることをやったら、後は、涙の時間だよ。それくらい人間の社会は甘くはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一物

・我が一物が朝に立たないという事は、ご先祖様達に申し訳が立たない。だから、意地でも立たすように、適度に努力する。

・本当の女とは、男の孤独を観抜く眼を持っているものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心(ハート)

 肝心なのは心(ハート)なんだ。

でも、悲しい事は散りゆく。

その方が多いんだ。

 才能が圧倒的にあるのに、

こういう人ほど、壊れやすいんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひとのために

 ひとのために、社会の盾になる

ひとのために、涙を流す

悪くないことだよ

 心の冷たい奴には

絶対に出来ない事だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

区別

・本当に大切なものと、そうでないものを区別出来なきゃだめだ。本当に大切な事なんて、滅多に転がってはいない・・・だから、心の眼が大切なんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涙をこらえて

・『菩薩行』と一般に言っても、所詮、自分の考え方次第である。本当は、涙をこらえてやる位、辛いものなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欠け落ち

・人間っていうものは、うまくはいかないものなんだ。九割どころか99%がそうかもしれない。欠け落ちているものが、いかに多いことか・・・だったら、あなたにも、少しはマシな事が出来るようになるんじゃないのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

捨て身

 自分で自分を傷つけたいんだよ

ボロボロになりたいんだよ

パチパチと鳴る骨のように

ボロボロになりたいんだよ

こんな自分、もうイヤだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車検見積もり

・昨日が車検見積もりの日だった。ガソリンスタンドで頼んでいたので、いろんなパーツ交換をせまられるとは覚悟していたが、思った以上だった。タイヤは明らかに劣化していたので、交換を求めた。それだけで十万だ。そのかわり、他のパーツは全て断った。・・・後で母に聞くと、名人芸のような断り方だったと言う。私は、ただ、寝ぼけ頭で、相手との呼吸や間合いを計って交渉していたのだが、その感覚が難しい。やんわりと、嫌みなく断るのは難しい。相手の方も誠実な方だったので、私は、やんわりと鞘で相手をしただけである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人情

・人情をかついだら、辛い事の方が多いいんだよ。

・何にも解ってあげられないよりは、解ってあげられた方がいい。けれど、解りすぎるというのも、しんどい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムーンウオーク

・ラーメン屋は汚い方が旨いと言うが、床でムーンウオークが出来る店は、単に、掃除を怠っているだけなんじゃねーのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

諸々

・恋愛にも温度があって、風呂と同じ様に、熱すぎても、ぬるすぎてもいけない。そう思ったら、恋愛観も変わった。

・人間は行き着く先は決まっているような気がしてならない。それならば、菩薩行を行う事だ。

・三十路にして、欲を捨てた方が、生きるのが楽だと悟った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »