« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

弔い

・残念なことに、3/11が、日本で最も多くの方々の命日になってしまったのではなかろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボーヨー

・ボーヨーボーヨー。ああ、前途ボーヨーなり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あいさつ

・幼なじみの御両親がやっておられた、近所のコンビニが今月一杯で閉店するというので、挨拶に行ってきた。幸い、お酒とタバコは、これからも販売してくれるそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑い

・私は、待ち時間の長い病院などで待っている時、自分の番で、どれだけ先生から笑いがとれるか、そんなネタ探しばかりしている。そうしたら、病院の待ち時間もまんざら悪くはないように感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とげ

・バラの花のトゲは、自衛のためにあるものであって、決して、何物かを刺そうとしてあるものではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇治茶を楽しむ

・東電のページを見ていると、そろそろ停電に合わせた生活を考えなければならないな、とぼんやり考えた。

・昔、奈良から京都に抜ける道沿いのお店で宇治茶を飲んだ。『これはいい』と、茶器なども購入した。玉露の場合、湯冷ましでお湯を冷ますのだが、適温を見極めるのが難しい。精神統一しなければ、上手くいかない。心の鍛錬に丁度いい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衣替えだ

・昨日か一昨日が夏至だったが、日中の気温が30℃を超えるようになったので、ついに我が家も衣替え。私は、もちろん、甚兵衛を着ている。身なりがさっぱりして、気分がいい。でも、今年の夏はどれくらい暑くなるのだろうか・・・現在、無性にかき氷が食べたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のんびり

・のんびり、のんびり。茶でも飲もうかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しかられ役

・有能な指揮官は、緩んだ場の空気を引き締めるために、わざと『しかられ役』をつくる。私は何度も経験しているから、よく分かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インスタント

 昨日、インスタントのスッポンスープを作って飲んでみた。スッポンのスープは何度か飲んだことがあるのだが、昨日の物は、スッポンの風味を感じるどころか、ただ薄味の玉子スープを飲んでいる感じがしてならなかった。そして、昨晩、インスタントのフカヒレスープを作ってみたが、とろみのある、味の濃い玉子スープにしか思えなかった。結局、どっちも玉子スープなんじゃないのか?と疑問に思ったが、まあ、インスタントなんだから仕方がない。インスタントでも、ポタージュなどは、結構気に入っているのだが、安くて便利な分だけ、味が落ちるのは仕方がないことだ。さて、今日は何のスープを飲もうか?って、結局、玉子スープを飲むことになるんだろうな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花瓶一つで

・震災後の大掃除が終わった後、テーブルに花瓶を置くことにした。現在、ひまわりが二輪咲いている。それだけでも、家の空気が変わるのだから、奥が深い。現在は、どういう風に花を生けたらいいか?そのバランスを楽しんでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書論

 先日、母が「武士道って何なの?」と聞いてきたので、黙って、新渡戸稲造の『武士道』を渡した。すると、何日経っても、読み終わらない。理由を尋ねてみると、「さくいんが多すぎるのと、仮名遣いが難しくて、とても読めない」と言ってきた。母は、大江健三郎氏の作品と、小林秀雄氏の作品が、この世で最も難しいと思っている人でもあった。確かに、両氏の作品は、読むのに疲れることは事実なのであるが、私は、例えば、ということで、小林秀雄氏の作品と対話集とを持って行った。黙って二ページずつ読んでもらった。そして感想を聞いた。母は、「対話集の方が解りやすい(実はこれは、小林秀雄氏にはタブーなのであるが・・・)」と言った。また、文体についても、森鴎外を持ってきて、「『武士道』とどっちが難しい?」と聞いてみたら、「鴎外の方が難しいんだねえ」と切り返してきた。

 私は、「読書百編って言うでしょ。最初は、さくいんなんか飛ばして読んでみて、全体像を掴んでから、何度も何度も読み返してごらん」とアドバイスして、自分の部屋に消えた。すると、半月くらい止まっていたのに、「五時間で読破したよ。面白いねえ」などと言うので、「何にも解っちゃあいない。あと二回は熟読すべし」と言った後で、「まあ、よく頑張ったじゃない。多分、読書レベルが上がっただろうから、最初に挫折した、般若心経についての本だって何とか読めると思うよ」と話した。

 難しい本と戦わなければ、なかなか良書には出逢えない。単純で、分かり易い本には悪書が多いのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アリとキリギリスについて

・人間が生活していく上では、アリのような面やキリギリスのような面が、両方とも無ければうまくはゆかない。そういう意味で、イソップ童話は極端すぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐ろしきこと

・人に、何か嫌がらせをした人間は、その事を、すぐに忘れようとする。しかし、やられた人間は、一生、忘れないだろう・・・私も少し疲れた。しばらく独りでのんびりとしていたい。

・ギーターを途中まで読んだ。結構、奥が深く、考えさせられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選書

・自分のスタイルに合わせて本を選ぶのではなく、自分がスタイルを合わせて本を選ぶ事。これって、結構大切。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大問答

・昨日、昼から来た弟と大問答をした。『パンを買う金と株を金は違う(ミヒャエル・エンデ)』というところで決着が付いたが、どうも、私は、金儲けには向いていないみたいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

般若心経論

・般若心経一つとっても、千人いれば千通りの解釈がある。それだけ深いという意味なのかも知れないが、要は、とらわれないことの大事さを表しているのかも知れない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなところにも・・・

・ピーナッツバターを頂いた話を書いたが、そのご夫婦とも東北出身とのこと。三人分のご遺体が、今でも行方不明らしい。私には、寄付することぐらいしかできなかったが、日本は北へ行くほど、人がスレていないと感じ、旅先で、多くの人の情けを受けた。今回の事態を粛々と受け止める。これから、毎月11日は多くの方の命日となることだろう。

・仏教徒である私が、現在、ヒンズー教の聖典を読んでいる。おかしな話だが、簡単なようで、結構深い・・・自分が何故、仏教徒なのかを考えるためでもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近所づきあい

・母が、昨日、近所の方から、アメリカ産のピーナッツバターを頂いたそうだ。何でも、食パンにピーナッツバターを塗って、蜂蜜をかけると絶品だそうだ。・・・私個人としては、甘い物なのだが、これは苦手である。好き嫌いの話でもない。

・近所づきあいをしていると、気が合っても、なかなか表に出しづらい。ヒマでうるさすぎる連中が多いからだ。ご近所との接し方、というものも、ぼやけだした、この時代、近所づきあいには、ある程度の距離がいると考え出した、この頃である

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四年目か・・・

・今日で、毎日blogを書くという目標を立てて、四年が経過したことになる。震災の直後に、友人を実名で書いたことはないが、迷惑が掛かってはいけないと、三年半分ぐらいを消してしまったが、毎日書いてきたことには代わりがない。はっきり言って、いつまで、このblogを続けるかは考えてはいないが、今日で四年目を迎えた。短いようで長い期間続けてきたが、今日の四年目の記念日というのも、単なる通過点に過ぎない、というのが現在、私が抱いている感情である。何はともあれ、毎日、読んで下さる方がいるからこそ、情熱を維持できているようなものである。そういう方々に、心から感謝したい。どうぞ、これからもよろしくお願い致します。ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

blog本三冊目

・blog本の三冊目が、地震の直後に出来た。みんなバタバタしているだろうと思ったので、今日送ることにした。一冊目から比べると、質は確実に落ちている。保存しないで消したところは完璧に消えてしまった。3.11以降、私の中で、大きな何かが崩れた。しかし、それでも、私は、何かを『生きる軸』とすべく、立ち向かっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅ればせながら

・こないだ『Katsu』に行ったとき、草加の駅前でイベントがあり、遅ればせながら寄付させてもらった。

・性犯罪で捕まる男は、『卑怯』という意味でも、全員、死刑にするべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラザー

 ぶらざあ

かけがえのないもの

知っている振りで、知らない覚悟でウソがつき続けられる存在

そんな弟を持てたことに

心から、感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お袋目線 at 『Katsu』

 一作日、家の大掃除が終わったお祝いとして、草加の『Katsu』に遊びに行った。『Katsu』は多国籍料理の店なのだが、味はもちろんのこと、スタッフの接客態度もしっかりしており、雰囲気もいいので、お袋を連れてでも、気軽に行ける店である。いつもは大学時代の友人との宴の場なのだが、年齢層に関係なく行けるところがいい。そんな中で、お袋が気が付いた点がいくつかあるというので、それを書いてみる。

・入り口に左手に厨房が見えるので、お店のスタッフさん達が懸命に働いているのが伝わったとのこと。

・座席に座ると、すぐに自分の空間のように感じて、周りの皆さんのことも気にならなかったとのこと。

・店内に薄型の巨大TVが着いているのが良かったとのこと。音楽とTVが連動していないのも良かったらしい。TV一つで、場が華やかになり、奥行きが広く感じられ、活気が出るとのこと。

・かつて、お袋は、「食べたことがなければ作れない」と言っていたのだが、『Katsu』は創作料理ばかりなので、食べても作れないとのこと。プロと主婦の差を痛烈に感じたそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Katsu』の味

・昨日、草加の『Katsu』にておいしいご飯を頂く。久々のおふくろへのサービスが出来た気がする。店長を筆頭に、皆さんの気合いに感謝。どうもありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓(ハン)バーガーの日

・今日はお袋を連れて、『Katsu』に遊びに行く。短時間で切り上げるつもりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご褒美

・明日、母を連れて、草加の『Katsu』に行くことにした。母は、一度、店長が持たせてくれた冷凍の『グリーンカレー』の味に感心したそうだ。だから、明日は、母が『グリーンカレー』と『韓(ハン)バーガー』を食べるためにだけ行く。私は普段食べていないものを、メニューから探そうと思う。どちらにしろ、三週間続いた大掃除へのご褒美である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バリカンにて

・昨日、6mmのカットに成功。坊頭だから楽だと思ったのだが、案外時間が掛かった。鏡で見る限り、微妙に虎刈りに見えないこともないのだが、一応、満足。それにしても、家で散髪したのなんていつ以来だろう?そっちの方が気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

散髪だ

・こないだ家電量販店で買ってきたバリカンで、坊主頭にする予定。6mmにするのに、一度12mmで練習する。果たしてうまくいくのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

物事

・後先なんて考えるな。機を逸する。今、できることを、今しろ。遅い早いなんて関係ないんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »