« 『アトリエのある風景』 | トップページ | 魚の目が治らない »

「Take it easy」でいこうぜ

 昨日は、いつも電話をくれる友人の誕生日だった。四年くらい前に、仏画を頂いた友人である。ご家庭では、さぞかし盛り上がった事だろう。私もショートメールで、お祝いの言葉を贈ったら、しばらくして、ありがとう、との返事が来た。彼と私は誕生日が近く、大学時代は似たもの同士だった。

 一方、昨日は親父の月命日でもあり、墓参りにもいった。その前に、私は神経科の主治医の所に寄った。先月は、パソコントラブルのせいで、病院にも墓参りにも行けなかった。昨日も、寝ぼけ頭で、話す事は別になかった。ただ、「最近は起きた直後にブルーになる事が多いことと、そういう時は、大概、何日か取り憑かれた様に、仕事をしている」との話をした。そして、故親父からの、「気楽にやりなさい」という言葉を思い返している旨を告げた。すると先生は、「Take it easy だね」と話された。私が、「EAGLESの曲みたいですね」と話すと、「気楽にやろうぜってことだよ」と話された。

 「Take it easy」とはいろいろな解釈があるから、面白い。「気楽にやろうぜ」はもちろんの事、「気にするなよ」とか、「なるようになるさ」というようなニュアンスも含むだろう。言葉の面白いところだ。一言で、アメリカの文化の一面を物語っている言葉の様な気もする。

 昨日は夕方に携帯電話が鳴り、とってみると、友人が、「体調を崩したので、今日の新年会は・・・」と言うので、「新年会は再来週だぞ」と話した。友人は相当体調が悪そうだったので、話を短く済ませ、「こういう時は、お大事に、とでも言えばいいのかなあ」と言ってお互いに笑った。「今年もよろしく。皆さんにもよろしく」と言って電話を切ったのだが、普段、正確無比な友人だっただけに、よっぽど調子を崩しているんだろうな、と思った。早くよくなるといいね!!

|

« 『アトリエのある風景』 | トップページ | 魚の目が治らない »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54007454

この記事へのトラックバック一覧です: 「Take it easy」でいこうぜ:

« 『アトリエのある風景』 | トップページ | 魚の目が治らない »