« 『吐息の季節』 | トップページ | サンタクロースの贈り物 »

独り者のたまり場になっている

 昨日のクリスマスイヴのblogには、稲中の『サンタ狩り』のネタが、アクセスの半数あまりを占めた。複雑な気持ちである。何か、独り者の、たまり場になっているようで、哀しい気持ちがした。もう、三年前の作品なのだが、何で、今年だけブレイクしたのかは解らない。実際に、Googleで検索してみると、上位を占めていた。あれは、あくまでも、ブラックジョークとして書いたもので、本気になってもらっては困る。クリスマスというのも、なかなかよいではないか。別に、彼女がいるいないの問題じゃなく、一面に光の祭典の様に街が輝く。

 私はそろそろ寝ようと思うが、昨日書いた、現在のクリスマスイヴに対しての捉え方について書き下した詩は、あらゆる恋人達に向けて打ったものでもある。もちろん個人的な感情などもあるが、X'masを祝うものだという事は理解していただきたい。迷いと、試行錯誤の中で下地をどれだけ書いたか解らない。それを、私が想う、一番大切な人のために、必死で書いた。(眠くて頭が回らないのだが)クリスマスを祝うために、久々に詩を書いた。出来、不出来は、私には関係ない。ただ、『サンタ狩り』のアクセスばかりが殺到したのには腹が立つ。

 大概、そういうやつに限って、何も出来もしないのだ。『サンタ狩り』をする暇があったら、街に行って、女の一人でもナンパをしろ。俺の友達でも、ナンパがきっかけで結婚した奴もいる。

 まあ、でも、一人っきりのクリスマスが寂しいのも解るけれど、寝ていたらサンタさんがやって来るかもよ。さっき一万円札を入れた靴下を、お袋の枕元に置いてきた。さて、俺も寝るか・・・

|

« 『吐息の季節』 | トップページ | サンタクロースの贈り物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54007430

この記事へのトラックバック一覧です: 独り者のたまり場になっている:

« 『吐息の季節』 | トップページ | サンタクロースの贈り物 »