« キーボードカバーのへたり方の変化 | トップページ | 大掃除を始めようか »

『移ろい』

 日々の移ろいは 儚くて

暑い夏も いずれ 冬を迎える

もしも 人生が 春夏秋冬ならば

人はどうして 冬を迎えるのか

 華散る秋が あきらめの季節ならば

私はのどかに それを受け留めよう

秋は実りと寂しさと

自分を見つめ直す時季なのだ

 もしも私に 冬がやってくるならば

人生の最後の一日だけでいい

 季節が移り変わる様に、

人も相応の人生を歩まねばならぬ

 いずれ私に 冬が訪れようとも

すべての覚悟は 出来ている

 天とは不思議なものであり

とびきり暑い夏を過ごした者にしか

短い冬を許してはくれない。

|

« キーボードカバーのへたり方の変化 | トップページ | 大掃除を始めようか »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54007435

この記事へのトラックバック一覧です: 『移ろい』:

« キーボードカバーのへたり方の変化 | トップページ | 大掃除を始めようか »