« のんびり | トップページ | 神戸の祖母との再会 »

急遽、神戸へ

 一昨日の夕方、父の姉に当たる東京の叔母さんから電話があった。母が取ったのだが、なんでも、九十四歳の父方の祖母が肺炎にかかって熱があるらしいとのことだった。そして、私に、もしも祖母が危なくなったら、長居したいので、安宿を紹介して欲しいという依頼がやって来た。六甲の叔母さんは、最近、不整脈の手術をしたばかりで、実家には泊まれないのだ。電話が切れると、母から、至急、ネットで調べなさい、とのお達しが来た。

 私は、神戸の土地勘がないので、母に聞きながら、色々と探していた。ホテルで交通の便を考えると、なかなか安いホテルというのは見つからなかった。しかも、これから暮れになり、新年を迎える時季に、部屋を長期間押さえるのは、はっきり言って不可能に近いとも思った。叔母さんは素泊まりでもいい、というので、作戦を変えてみることにした。ウイークリーマンションあたりから検索してみた。すると結構ヒットし、安く泊まれそうな所があった。叔母さんは、私の母よりも年上なので、パソコンなどをいじるのには慣れてはいないので、ネット予約は出来ないだろうと思い、その会社の名前と電話番号を電話で伝えた。

 高齢での肺炎は、かなり危険である。私と母で相談し、祖母の所へ、今日、見舞いに行くことにした。以前は車で帰ったのだが、今回は日帰りで、新幹線で行くことになった。それが決まったのが、昨日の夕方である。無理矢理に睡眠を取り、午前三時起きの予定が、午前一時頃には目覚めてしまった。それで現在、深夜にblogを打っているのだが、今日は、体力的にも、かなりタイトな一日になるだろう。祖母との、『今生の別れ』になるかも知れない。

|

« のんびり | トップページ | 神戸の祖母との再会 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54007396

この記事へのトラックバック一覧です: 急遽、神戸へ:

« のんびり | トップページ | 神戸の祖母との再会 »