« 伏見での行者との会話 | トップページ | 夜中に起きちまった »

忘れていた母の誕生日

 風邪で外出できない中、話題はどうしても家の中の事に限られてしまう。この一ヶ月のblogを観ると、風邪と母との話題がメインになっている。これでは駄目なのだが。昨日は日曜ということもあり、blogを久々に夜中に書いたので、午前の八時には起きるつもりが、何故だか時計は午後二時を回っていた。

 私は起きてから三十分位は水分を取りながら、タバコを吸って目覚ましの時間に使うのだが、母から、「何か忘れてない?」と言われ、「寝ぼけ頭だから勘弁してくれ」と返した。すると、「今日はお赤飯を炊いたんだけど」と言われ、初めて今日が母の誕生日だと気がついた。即興で『Happy Birthday To You』を歌い、ダンスバージョンや、バラードバージョン、ポップスバージョン、オペラバージョンなどで歌った。母は「そこまでしなくてもいいわよ」と言っていたが、嬉しそうだった。本当は何かプレゼントしたかったのだが、適当な物が思い当たらなかった。

 父の没後、母は、「いつ死んでもいい」などと言っていたが、私が、「自分の仕事も一区切りついたし、これから金儲けのことを考えてもいい。そしたら、サンフランシスコにでも旅行に行こう。南極もいいな」などと話していたが、「いつになるかねえ」などと言うので、改めて、「俺は父さんに恩返しが出来なかった。だから、母さんには、せめて恩返しがしたいんだ。長く生きることも、考えて欲しい」と常日頃から言っていた。その母が、健康への第一歩として、一年間で10Kgダイエットすると言ってくれた。母からプレゼントをもらった様な物であるが、私の生きる励みになったことは間違いない。

|

« 伏見での行者との会話 | トップページ | 夜中に起きちまった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Hi, for some reason when I place your feed into google reader, it won?t work. Can you give me the RSS link just to be sure I?m using the most appropriate one?

投稿: Sichere Geldanlage 2011 | 2010年10月26日 (火) 18時03分

For Mr or Ms..Sichere Geldanlage.Thank you for your comment.But, I ve written this weblog not for a business, but for learning anything to write for myself. For my skill up about writting. I'm verry happy comments like you. So, I want to be read anyone every time reaging many people like you.
Thank you for your approach and readeing.

投稿: Takehiro | 2010年10月27日 (水) 01時07分

I'm sorry to you. Writting weblog everyday, many bad accsess to my weblog. I understaqnd a nyuans of your messege. I'm not good at PC sysitem, so,I don't know about RSS of my blog well.Sorry to you not to tell about RSS of my blog. I wanna tell you about it, but I can't, If you coukd acses my page, only once, I think you can get my RSS of this blog. 'Cause RSS key is opened top page of my blog.・・・Thank you for your messege and reading my weblog. See you.

投稿: Takehiro | 2010年11月10日 (水) 18時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54007367

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れていた母の誕生日:

« 伏見での行者との会話 | トップページ | 夜中に起きちまった »