« じいちゃんの葬式 その2 | トップページ | 風邪が辛い »

初対面の従兄達

 先程携帯電話を観てみると、いつも電話をくれる友人から、一昨日の晩に電話をもらっていたことに気がついた。多分その友人も、気を遣ってくれたのだろうが、インフルエンザ性のウイルスで風邪を引いている私は、早寝早起きを心がけており、気がつかなかった。今度私から電話してみようかと考えているが、これで彼とは、お互いに三年連続喪中ということになり、三年連続で年賀状が交換できなくなってしまった。彼とは秋に集まる約束をしていたが、インフルエンザが治るまでは、私は身動きが取れない。喪中の葉書も書かなければ。

 母方の祖父の葬儀には、親族全員が集まり、村中の人達が来てくださった。私の母が長女なので、従兄の中では私が一番年上ということになる。最初は初対面の方ばかりだったのだが、段々場に打ち解けていった私は、積極的に叔父さんや叔母さん、従兄達に話しかけることにした。母の妹に当たる叔母さんの旦那さんに当たる叔父さんとは二回しか会ったことがなかったが、いろんな話をした。そのご夫婦の間に、一男一女の従兄がいるのだが、写真でしか見たことがなかったので、話題がなくて困ったが、無理矢理話題を作って話していたが、長男の子は関東に住んでいて、飛行機の時間がありますので、これで失礼します、とちゃんと挨拶して帰っていったのには感心した。

 また、母の弟に当たる長男の叔父さんともよく話した。叔父さんの一人っ子である、従兄にも話しかけていた。喧嘩をしたこともないんだろうなというぐらい、おとなしそうな子だったが、来年、高校受験らしい。頑張ってね、と声を掛けてから別れた。優しそうな子だった。

|

« じいちゃんの葬式 その2 | トップページ | 風邪が辛い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54007352

この記事へのトラックバック一覧です: 初対面の従兄達:

« じいちゃんの葬式 その2 | トップページ | 風邪が辛い »