« 在る検問での会話 | トップページ | 伏見での行者との会話 »

コンポぶっ壊れる

 前にも書いたかも知れないが、六年前に買ったコンポが、またぶっ壊れ、修理に出そう出そうと思っているうちに、三ヶ月ほどが経ってしまった。それ以来、音楽のない生活を送っている。音楽を聴こうと思えば、パソコンやプレステ2などで楽しむことも出来るのだが、音楽を聴くためだけにパソコンを起動したり、プレステを稼働させたりするのは、何か間違っている気がするので、せいぜい車を運転している時のカーステや、パソコンをいじっている時のBGMとして聴く程度である。しかも、このblogを打つ時の曲は、『ゲゲゲの女房』のテーマソングと決まっている。旅先のユースでも、最後の一週間の放送は全部見たし、朝食後に、TVで観てから目的地に向かう方が多かった。このドラマが観たくて、私は朝型になっていたし、一日に五回観ることもあった。だから、終わってしまった現在は、風邪を引いていて一日中寝ていた事もあって、夜型気味になっている。だから今日は、こんな時間にblogを打っている。

 話を元に戻すと、コンポは多分、今年の猛暑でやられたのだと思う。前回ぶっ壊れた時は、保証が効いたので、それを使ったのだが、今回は自腹で直さねばならぬので、それが私の修理に出す気持ちに歯止めをかけているのだろう。第一、修理に出すために店まで持っていくのが面倒である。年賀状用にプリンターのインクを買うついででいいや、などと考えていたが、今月母方の祖父が他界してしまったので、喪中の葉書を出すことになり、インクも別に仕入れなくても良くなってしまった。

 とりあえず風邪を完璧に治さないと、何も出来ないのが現状である。もう一息だ。頑張ろう。

|

« 在る検問での会話 | トップページ | 伏見での行者との会話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54007365

この記事へのトラックバック一覧です: コンポぶっ壊れる:

« 在る検問での会話 | トップページ | 伏見での行者との会話 »