« 柿食えば… | トップページ | ジェットコースターに乗る心構え »

チャリンコのペダルが折れる時

 高校生の頃、チャリンコ小僧だった私は、チャリンコに乗って、当時通っていた数学塾に行くことがよくあった。片道で10Km程の、かなりきついアップダウンのあるサイクリングコースだった。高一の時は日曜日の昼に授業があったので、車も歩道も猛渋滞している中を車の左脇を通って通っていた。これを続けると、バランス感覚が良くなったのには驚いたが、10Kmのうちの3Km位は渋滞区間だったので、そこを抜けるのに苦労した。アップダウンと渋滞のせいで、たった10Kmの距離に1時間は費やしていた。

 また、その数学塾は、週一回、途中休憩はあっても、五時間は授業があった。前半は、試験とその週の範囲の講義、後半は、前の週に当てられた問題を、事前に部屋一面の黒板に解答を書いていたものを、プレゼンするので、夜の授業だと、終わる時間は終電に間に合う時間だった。私も学校から直接行く場合は電車で通っていたが、自宅から通う時はチャリンコで行っていた。

 高二の時だったか、週二回、夜の授業に通っていた。私はチャリンコのブレーキゴムにカッターで溝を掘ってみたりして楽しんでいたが、ある時、左右のペダルのこぐ時のバランスが悪いことがあった。もう、塾の手前まで来ていたので、帰ったら観てみようと考えていた。そして無事授業が終わり、チャリンコを漕いで登り坂を登り切って、その後にやってくる下り坂で、思いっきり加速しだしたのだが、気がついたら体が吹っ飛んでいた。奇跡的に怪我はしなかったが、後ろから車が来ていたら死んでいただろう。原因は右のペダルが根本から折れたせいだった。こうなると、もう漕げない。惨めな気持ちで自転車を押しながら歩いて帰ったら、家に着いたのは午前二時頃だった。

|

« 柿食えば… | トップページ | ジェットコースターに乗る心構え »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54007313

この記事へのトラックバック一覧です: チャリンコのペダルが折れる時:

« 柿食えば… | トップページ | ジェットコースターに乗る心構え »