« ぬか喜び | トップページ | 旅のスタイル »

緊張感が解けて

 昨日は田沢湖のユースを朝の七時半に出て、一路花巻の宮沢賢治記念館に向かった。ナビを観ると、九時頃着くということで、下の道を走った。開館時間は九時か十時だろうと思っていたのでそうしたが、なんと、八時半から開いているとのこと。驚いた。入場料は350円。平日の朝早くなので、のんびり観られたが、もう三回目なので、感動よりも懐かしさの方が強かった。賢治先生が、ある生徒に宛てて書いた、『告別』という手紙に、久々に感動する。この作品は、本にも載っているのだが、実物を見ると、震えが来る。他、妹トシの死ぬ間際に書かれた、『永訣の朝』も素晴らしいものだった。一通り観て、宮沢賢治は、日本語よりもアルファベットの方がきれいな字を書いていることに気がつく。一回りして、トイレに寄り、土産物コーナーを観ると、銀河鉄道の夜の生原稿の複写が1000円で売っていたので、ためらわずに買った。これで、また、家宝が増えた。

 その後、母が風邪を引いていることもあり、高速で、一路自宅へと向かう。雨がひどく、80Km/h制限だったが、適度に飛ばす。途中、仙台近辺のSAで牛タンを二つ、母と私の夕食にすべく、購入。その後、那須のSAで給油した。以前の旅で、那須から南は東北道は覆面が多いと聞いていたので、スピードを控えめにした。雨がやみ、速度制限が無くなったので、微妙に飛ばしていたら、追い越し車線を相当なスピードで飛ばしているバンがいたのだが、暫く走っていたら、見事に覆面につかまっていた。こういう時、私は、「南無阿弥陀仏」と、呟く。それから、およそ六時頃、自宅に無事到着した。お袋の症状は思ったよりも悪く、早めに帰って来て良かったと感じた。旅の緊張感がほぐれたのか、今日は、朝の10時まで寝てしまった。起きると、旅の疲れが一気に出てきた感じで、暫くのんびりしていた。リフレッシュできたのだが、今日が疲れのピークだろう。

|

« ぬか喜び | トップページ | 旅のスタイル »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54007341

この記事へのトラックバック一覧です: 緊張感が解けて:

« ぬか喜び | トップページ | 旅のスタイル »