« 「今行って、宿が取れなかったら、死ぬぞ」 | トップページ | ガリガリ君国宝説 »

お袋のありがたみ

 『お袋のありがたみ』などというタイトルを付けてしまったが、もちろん普段から感謝している中で、私のことをよく観察しているなあ、ということを、昨日はつくづく感じた。朝起きてみたら、「今日は、しったかと、アジと、イカと、スイカを買いに行くよ」といきなり言われ、漁師のやっている魚屋と、農家がやっている野菜の直売所に行くことになった。もちろん運転は私である。

 blogを更新し、仏壇に参った後、出発したのだが、空は快晴で、眩しいほどだった。車で一時間ほどの、とある漁港で止まり、海を観ると最高に気持ちが良かった。潮の香りも久々だなあ、と大きく深呼吸した。そういえば、親父が存命中の頃に来て以来だと、ぼんやりと思った。もう三年振り位だったのだが、店の人は顔を覚えていてくれた。お袋が買い物を済ませると、今度は野菜である。野菜というより、スイカなのだが、弟の次男が好物らしく、購入することにした。それから家路についたのだが、帰りの車の中で、何で行く気になったのかを聞いた。すると、母は、「兄ちゃんここの所、相当ストレスがたまっていたでしょ。釣りにしようか迷ったけれど、この暑さじゃねえ。しったか買いに行くと誘ったら行くと思った。気分転換も、時には大切なんだよ」と語った。私は相当に感激した。

 家に着いて、サンダルを下駄箱に入れようとしたら、父の靴が無くなっていた。母に聞くと、「三回忌も済んだし、親父のことも思い出に変わったから捨てた」と言っていた。心のけじめが付いたので、親父の病院帰りによく行っていた店にも行けたんだろうな、と思った。

|

« 「今行って、宿が取れなかったら、死ぬぞ」 | トップページ | ガリガリ君国宝説 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54007308

この記事へのトラックバック一覧です: お袋のありがたみ:

« 「今行って、宿が取れなかったら、死ぬぞ」 | トップページ | ガリガリ君国宝説 »