« じいちゃんが… | トップページ | 久しぶりの大ゲンカ »

テキ屋の親父との勝負

 小学校何年生だったかの夏休み、親父が海外出張で家を留守にしていたので、ラーメンを食べに行くことになった。お袋と弟と私の三人で向かったのだが、途中で夏祭りがあった。気温は今ほど暑くはない。私達は盆の祭りに参加することにした。地元の政治家志望の地主の娘が主催だったとは知らなかった。

 夏祭りといえば、テキ屋の親父との駆け引きが面白かった。いろんな夏祭りに行ったが、絶対に安い商品しか当たらない射的などをやった記憶はある。向こうもガキ相手の商売で、百円から勝負しているので、隙がない。どれだけ金を落としていたか判らないくらいだ。

 当時参加した夏祭りで、ヨーヨーすくいのテキ屋がいた。ルールは至って簡単、釣り針の上の紙の部分を持って、ヨーヨー(水風船)をすくうのである。最初は、弟も私も苦労したが、あることに気がついた私は、弟に、そのコツを伝授した。するとヒトハリで、十個も二十個も取れるのである。テキ屋のおっちゃんは、不思議がり、「おまえら、何か、イカサマしてないか」とのぞき込む。私は、「おっちゃん、甘いよ。イカサマなんかしていない。水に溶ける針の紙の、一番、内側をギュッと握りしめて取ってんだよ」と言うと、テキ屋の親父も黙り込んだ。そんな勢いで、私が三十個以上、弟が十五個位、水風船のヨーヨーを釣った。これはテキ屋にしてみれば、大損害である。結局、水槽を空っぽにしてしまった、私達兄弟は、テキ屋の親父から、上限六個までということで、折り合いを付けた。それから帰る道すがらで、ヨーヨーで遊んでいたのだが、よく考えたら四十個以上も持って帰れなかった。夏祭りの思い出である。

|

« じいちゃんが… | トップページ | 久しぶりの大ゲンカ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54007300

この記事へのトラックバック一覧です: テキ屋の親父との勝負:

« じいちゃんが… | トップページ | 久しぶりの大ゲンカ »