« 幹事の仕事 | トップページ | 短編集をさらす »

あっ!!

 私が昨年受けた資格試験とは、宅建の試験だった。教科書を一通り暗記したのだが、途中で怠け、過去問は一切解いていかなかった。結果、ひっかけ問題だらけで見事に落ちた。今年は過去問をコツコツ何回も繰り返して、試験に臨もうと考えていた。しかし、やる気は全く無かった。本気でやれば、三ヶ月位の勉強で何とかなったと思ったが(友人のおやじさんは、二週間の勉強で取った)、どうにもこうにもやる気が出ないというより、つまらない試験だとばかり考えていた。私の弟もそうなのだが、暗記科目はてんで駄目な家系でもある。

 今年の本試験は、例年通り、十月の半ばに実施される。しかし、願書の受付は七月いっぱいである。私は、全く勉強してこなかったし、受験料の七千円がもったいなかったので、あえて試験を受けることをやめた。私が不動産屋になっても、全然やる気が出ないだろうな、とも感じていた。友人などは、「お前が不動産屋になっても、悪徳な商売をして、警察にパクられるのがオチだから、やめておけ」などとも、もちろん冗談なのだが、言われたりもした。私もやる気が湧かなかったので、その友人にスリーパーホールドをきめたが、じゃれあっている様なものだった。

 私は食えないとはいえ、物書きなのだ。blog一つ書く事でさえ、毎日苦しみながら書いている。ましてや小説などを書く時の苦悩など、桁外れだ。文章を書いていて、一度も楽しいなどと思ったことはない。あるのは苦しみだけだ。その代わり、blogなどでいいものが仕上がったら、達成感を感じる。嬉しくて何度も読み直す。しかし、今日の作品は、てんで駄目である。

|

« 幹事の仕事 | トップページ | 短編集をさらす »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54007283

この記事へのトラックバック一覧です: あっ!!:

« 幹事の仕事 | トップページ | 短編集をさらす »