« 夏の会にてat 『Katsu』 その3 | トップページ | 味噌と味噌汁 »

日本熱帯化説

 昨日は雨が降り、若干の涼が取れたが、今年の夏ほど暑い夏もない。友人に言わせると、気圧配置などを観る限り、日本は熱帯化したとの事である。私も天気予報などで気圧配置を観ると、太平洋高気圧が北海道まで包んでしまい、異常だと感じる。ゲリラ豪雨なども、熱帯でよく起きる、スコールみたいなものだとも考えられる。

 熱帯化すると、春と秋がほとんど無くなる。日本独特の梅雨のような季節も、無くなるかも知れない。とにかく気候変動が極端になり、異常に暑い夏と異常に寒い冬が突然やって来るという感じだ。その合間の期間は、暑くなったり寒くなったりを繰り返すのだろう。お年寄りなどには体にこたえるだろうな、と危惧する。まだ若い私でさえ、今年の春先は風邪を引きっぱなしだった。つくづく体調管理には気をつけないといけないと思った。

 この様な気候になたのは、当然、地球の温暖化が原因だろう。車の排気ガスが原因だとばかり言われているが、飛行機や船だってそうだろうし、火災や違法伐採による森林の減少も大きな問題だ。また、地球温暖化といえば、私は宮沢賢治の『グスコーブドリの伝記』を思い出す。当時の東北地方は『やませ』という、冷たい北風による冷害によって、稲作農家はことごとく苦しめられていた。宮沢賢治は童話の中で、ブドリの命と引き替えに、火山を爆発させ、それで発生するCO2で、地球全体の気温が2~3℃上がり、東北地方の農村が救われるという童話を書いた。つまり、宮沢賢治はCO2によって温暖化が生じることを知っていたのである!! 私はこれを読んだ時に複雑な思いがした。稲作農家が救われたのは、稲の品種改良によってだし、現在の温暖化の中で、小麦などが干ばつに襲われているからだ。現在の、世界各地の異常気象を、賢治が生きていたら、どういう解決策を考えるだろうかとも、ふと思った。

|

« 夏の会にてat 『Katsu』 その3 | トップページ | 味噌と味噌汁 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

 
 はじめまして(^^)/

 日本熱帯化 を検索していて こちらに辿り着きました。
 
 四季の移り変わりが順当でないなぁ と 最近私も
 感じておりまして・・・
 冬 寒さや雪に閉ざされることが多い土地柄ですが
 熱帯の気候にカラダが着いていけません。

 寒いのも苦手だけど着込んだり暖かいのを食べたりのんだりして

 寒さを楽しむことは得意だけど・・・・

 こんな 暑い中で何ヶ月も暮らせません(^^;)ゞ  
 地球温暖化加速したら 秋田を捨てて
 北へ北へと逃げなければいけない?

 などとと 変なことを考えちゃいました
 

投稿: きゃらうぇい | 2010年8月31日 (火) 10時30分

 きゃらうぇさんへのお返事。初めまして。確かに今年の夏は異常に暑いですよね。私もクーラーなしでは生活できません。南米のペルー沖の海水温が下がると、東南アジア沖の海水温が上がるという、ラニーニャ現象によって、日本の南にある太平洋高気圧の勢力が増して、猛暑になるらしいですね。ラニーニャ現象の起きる理由は、まだ分かっておりませんが、多分、太平洋の底を流れる縦の海流によるものなのではないかと、私は考えています。根拠としては、昔はペルー沖の海水温が上がる、エルニーニョ現象というものがあったからです。その熱が何年もかかって対流し、ラニーニャ現象に結びついているのだと考えます。
 一昨年の六月頃、秋田に車で行きましたが、男鹿半島は面白い所だなと感じました。『てんのう』という道の駅で、温泉に入った記憶があります。ユースホステルに泊まったので、秋田の味覚を楽しむことは出来ませんでしたが、楽しい旅でした。
 長々と書いてしまいましたが、猛暑は今年だけにして欲しいですよね。では^^)

投稿: Takehiro | 2010年8月31日 (火) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54007291

この記事へのトラックバック一覧です: 日本熱帯化説:

« 夏の会にてat 『Katsu』 その3 | トップページ | 味噌と味噌汁 »