« 映画『必死剣 鳥刺し』を観て | トップページ | 田子の浦 うち出でて みれば白妙の… »

温泉巡り

 これまで入ってきた温泉は数多ある。北海道でもあちらこちらにあったし、箱根の湯や草津の湯も良かった。関西では、有馬温泉の金色の湯、松山の、『坊ちゃん泳ぐべからず』という札の貼ってある、道後温泉(当然私は泳いだが)、別府の湯、指宿の砂風呂、などを楽しんできた。そういえば、鳥取や富山や長野でも、温泉を楽しんできた。私が楽しんできた温泉というのは、いつも独り旅で、車中泊が続く中で、ひょいっと洗面器と石けん、タオルととプルラスチックの桶一つで通っていた。北海道の公営の温泉に行った時は、荷物を持っていたのだが、受付のおばさんに、「あなた、洗濯したいんでしょ」と言われ洗濯の脱水までやって頂いた記憶がある。他にも、「おにぎりならあるけれど、食べる?」とまで親切にしてもらったが、昼は食べないことにしていたので、泣く泣く遠慮した。

 大学時代に、友人の運転で、三人で箱根の温泉までドライブした。私は詳しくはなかったのだが、奥湯本のさらに奥に、いい温泉があると聞いた。そこでは入浴料(確か500円)を取られたのだが、サウナもあり、紅葉を眺められたりと、見事な温泉であった。

 その後も親父が存命中の時は、年に二回は家族で通っていた。親父も私も、烏の行水なのだが、その後のくつろぎルームで、毎回、親父と将棋を指した。お袋が、そっと、「女湯にモデルの娘がいたよ」と言ったのだが、私は、「ああそう」で、将棋に集中していた。結果、私が勝ち、外の喫煙室で親父と反省会をしたのだが、お袋の助言も、まともに聞いておけば良かったという話になった。私は、孤独な将棋指しより、一人の美人を選ぶ。

|

« 映画『必死剣 鳥刺し』を観て | トップページ | 田子の浦 うち出でて みれば白妙の… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54007263

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉巡り:

« 映画『必死剣 鳥刺し』を観て | トップページ | 田子の浦 うち出でて みれば白妙の… »