« プレトリアの死闘 | トップページ | 映画『マイケルジャクソン~キング・オブ・ポップの素顔』を観て »

普天間問題を解決する見事な論文

 鳩山政権下では、普天間基地移設問題で、にっちもさっちもいかなくなり、退陣するしか無くなったことは、記憶に新しい。基地の一部を徳之島に移すなどといった、ナンセンスなアイデアが出たが、暴論に近く、結局は辺野古沖にさせて下さいと、首相が沖縄まで行ってお詫び行脚した。沖縄県民とアメリカとの間を、まるでイソップ童話の中のコウモリの様に行き来した以上、沖縄県民が激怒するのも当たり前のことである。国民も基地問題に辟易し、毎日のニュースで取り扱われても、相手にしなくなった。沖縄県民には申し訳ないが、対中国、北朝鮮ということを考えると基地を沖縄に置くのはやむを得ない事でもある。菅内閣に代わっても、基地問題については解決されておらず、泥沼にはまった状態である。

 そんな中で、ある友人の親父さんが、『生活者主権の会』というメルマガの中で、素晴らしい論文を書いていることを知った。『普天間問題の解決は逆転の発想で』というタイトルなのだが、新しく基地を作るのではなく、普天間基地の周りの住人に立ち退いてもらうという案だ。それも、ただ立ち退いてもらうのではなく、辺野古に基地を作った場合にかかる費用、約一兆円を、立ち退いてもらう住民に分配すると、各家庭に、およそ二億円ずつ配れるらしいのだ。これなら住民も納得する。他の都道府県の方がどう思うかは解らないが。

 また論文では、沖縄の経済問題にも触れられており、先程述べた一兆円の一部を、沖縄の振興策に当てるべきだとも書かれている。

 友人の親父さんは、ずっと、「このままでは日本は滅びる」と言って、齢七十半ばにして、いろんなボランティア活動を行ってらっしゃるそうだ。凄い方である。

 論文の掲載されているURLは、

http://www.seikatsusha.org/

 である。今日、7/1付けで発表された。他にも、いろんなテーマを扱った論文のバックナンバーがあるので、私も時間のある時に拝読しようと思う。皆様も是非ご一読あれ。

|

« プレトリアの死闘 | トップページ | 映画『マイケルジャクソン~キング・オブ・ポップの素顔』を観て »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54007250

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間問題を解決する見事な論文:

« プレトリアの死闘 | トップページ | 映画『マイケルジャクソン~キング・オブ・ポップの素顔』を観て »