« 映画『カラバッジョ 天才画家の光と影』を観て | トップページ | VIVA日本!! »

ある日の床屋にて

 現在、私がお世話になっている床屋さんは、二代目マスターと故マスターの奥さんさんでやっている。二代目マスターは、多趣味な方で、スポーツ全般(現在は水泳がメイン)、高校野球の観戦(毎年甲子園まで行く)、寝台列車に乗る、など、色々とある。こないだは、大阪まで高速バスで行き、プールで4Km 泳ぎ、寝台列車で、札幌まで行って、新千歳から飛行機で帰ってきたそうだ。幸い天気も晴れていて、日本海沿いのトワイライトタイムが美しかったとおっしゃっていた。これで、あと全寝台特急制覇までマジック3とのことだった。

 それを聞いた私は、自分が24歳の時にヨーロッパを鉄道で旅した時の話をした。「日本の鉄道って、車掌のアナウンスがあるじゃないですか。ヨーロッパでは全く無いんですよ。それでもお金の節約のためや、目的地に朝に着くと宿が取りやすいという事で、寝台車を使うんですよ。乗り過ごすのが怖いんですけれど、必ず停車駅の三十分前には、目が覚めていました。何というか、命が掛かると、人間の本能が出てくるんですよね」と言ったら、二代目マスターは、笑いながら、「解る様な気がする。俺も今度のワールドカップのデンマーク戦で、自然と目が覚めそうな気がするもの」と応えて下さった。

 それからワールドカップの話で盛り上がり、私が、「日本は守備は堅いけれど得点はあまり望めない。勝つとしたら1-0でしょうね」と言った所、「確かにその通りだと思う。引き分けでも1-1だろうな」というような話をしていた。…さて、サッカーを観るためには、明日の深夜に起きる事が大前提であるが、起きられるかなあ。

|

« 映画『カラバッジョ 天才画家の光と影』を観て | トップページ | VIVA日本!! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54007242

この記事へのトラックバック一覧です: ある日の床屋にて:

« 映画『カラバッジョ 天才画家の光と影』を観て | トップページ | VIVA日本!! »