« 情けないblog | トップページ | 朗らかな一日 »

凄い回復力だな

 前に歯医者に行った時、お目当ての娘はいなかったけれど、先生が僕の歯茎を観るなり、「凄い回復力だな、若さが溢れているよ」とおっしゃった。存外の言葉だったので、意外にも感じられたが、私は三十を過ぎてから、そんな言葉をかけられた事がなかったので、正直、嬉しかった。

 歯茎の痛みはとれてきたのだが、親父が晩年に、がんで口の中を放射線治療したところ、歯と舌がぼろぼろになり、麻酔スプレーを使っていたのが思い出される。親父は感情を外に出す人ではなかったけれど、相当の激痛に耐えていたのだ。親知らずを抜いた直後の僕は、何となく、親父の苦しみを受け止めていた。親父の場合、あごの骨まで崩れている可能性があるとのことで、歯を抜けなかったのである。毎日、おかゆを食べるのも、辛そうだった事を思い出す。最後は、麻酔スプレーで、ごまかしながら食べていた。

 今月の親父の月命日には、まだ、墓参りをしていない。雨がひどいからだ。季節外れな、雪でも降りそうな中、衣類をクリーニングにも出せない。これだけ寒暖の変化が激しいと、嫌でも風邪を引く。桜は既に葉桜になっているのに、この寒さは何なんだ。愛犬の弥吉君(ミニダックス・♂・十ヶ月半)も眠れないみたいである。夜中に、「ヒュ~ン、ヒュ~ン」という声が聞こえてくるのだ。嫌でも目が覚めるので、そんな時は、二階の僕の部屋に上げている。

 今回、親知らずを抜いてみて、少しだけ親父の側に行けた気がする。

|

« 情けないblog | トップページ | 朗らかな一日 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54007174

この記事へのトラックバック一覧です: 凄い回復力だな:

« 情けないblog | トップページ | 朗らかな一日 »