« 歯医者の日 | トップページ | 電動歯ブラシ »

間抜けなミス

 昨日は親知らずを抜かずに、左下の歯のメンテナンスをしてもらった。日差しが強い中、寝ぼけ頭で、歯医者に向かった。眼鏡をかけても、どうも焦点が合わない。危なっかしい中、車で出かけた。十分前に着き、タバコをふかして、歯医者へと入っていった。

 数分の待ち時間の後、名前を呼ばれた。気になる娘は別の患者のサポートをしていた。とても告白など出来る状態ではない。仕事の邪魔をするわけにもいかないし、仕方がないなと、見送った。やはり、寝ぼけ頭だった私は、診察台に腰掛けた。

 先生が来て、右下の親知らずを抜いて頂いた、歯茎の穴を観てもらうと、「もう少しだな」とおっしゃって、左下の歯の治療に入った。このとき私は、「左下の一番奥の歯が」と言った。先生も、「確かに欠けているな」とおっしゃり、麻酔なしでのドリルでの治療に入った。この時、私は、いつ激痛が来るのかということで、一気に目が覚めた。間もなく治療が終わり、会計を済ませ、家に帰ったのだが、私はある事に気がついた。本当に治療して頂きたかった歯は、ひとつ隣の歯だったのである。治療してもらう歯を、間違えてしまった。間抜けなミスである。

 話は変わるが、昨晩、TVで『おくりびと』を観たが、親父の事を思い出してしまい、まともに観られなかった。観ていて、どうしても風景が重なって、あのときの辛さや、その後の喪失感を思い出してしまった。この苦しみに比べれば、歯医者での痛みなぞ、大したことはない。

|

« 歯医者の日 | トップページ | 電動歯ブラシ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54007184

この記事へのトラックバック一覧です: 間抜けなミス:

« 歯医者の日 | トップページ | 電動歯ブラシ »