« 予定 | トップページ | 私が坊主にすると… »

映画『しあわせの隠れ場所』(THE BLIND MAN)を観て

 昨日は朝早くから映画を観る予定だったが、blogを更新した後に寝てしまった。起きると午後一時。満足に眠れたのはいいことなのだが、映画館に行こうか相当迷った。頭は寝ぼけていたが、現在、観たい映画が三本あるので、行くことにした。明日は病院だし、明後日は墓参り。その翌日は再び映画を観に行く。

 昨日観た映画は『しあわせの隠れ場所(THE BLIND MAN)』である。実話が元になっているNFLのスター選手の生い立ちを映画化したものだ。最初はホームレス同然で、卑屈になっている主人公を、温かい家庭が向かい入れてくれる。そのうち、アメリカンフットボールでの才能を開花させる。勉強も支援もあってか、大学に通えるだけの成績を叩き出す。これが現在生きている人の伝記だから凄い。困ったら逃げる癖のあった主人公は、最終的には自分で自分の人生を選ぶこととなる。そこでは、昔の仲間達とたむろせず、面倒をみてもらった仮の両親を裏切らなかった。

 ベッドに寝るのが初めてだという彼に、私は涙をそそられた。他にも義母の献身的な愛情や、家族の理解があって彼(マイケル・オアー)は頑張る。アメリカの黒人白人といった差別問題も根底にはある。しかし、彼は温かい家族と、アメフトに於いて、自分の場所を確立する。僕は眼鏡を拭く振りをして、何度も目頭を拭った。僕が今年観た映画の中では、現時点で最も優れている。と、同時にボランティア精神以上のものを学んだ気がする。唯一不満が残るとすれば、タイトルの和訳がひどいことか。英語の『BLIND』には二つの意味がある。アメフトでブラインドからタックルする意味と、彼の人生がずっとブラインドサイドにいたということだ。邦題には納得がいかない。洋楽のCDの和訳と同じく、滅茶苦茶な感じがする。タイトルを変えたら、この映画はもっとヒットしていたのではないか。

 どちらにしろ、いい映画であることに変わりはない。

|

« 予定 | トップページ | 私が坊主にすると… »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54007139

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『しあわせの隠れ場所』(THE BLIND MAN)を観て:

» 映画「しあわせの隠れ場所」サンドラ・ブロックもここで幸せをみつけたようだ [soramove]
「しあわせの隠れ場所」★★★★★満点 サンドラ・ブロック、キャシー・ベイツ ジョン・リー・ハンコック監督、128分 、 2010年2月27日公開、2008,アメリカ,IMJエンタテインメント (原題:THE BLIND SIDE )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 昨年4月にプロのアメフト・リーグNFLの ボルティモア・レイブンズに ドラフト指名された新人プレイヤー、 マイケル... [続きを読む]

受信: 2010年3月29日 (月) 23時47分

« 予定 | トップページ | 私が坊主にすると… »