« 買い出しの日 | トップページ | 哀しい気持ち…おくやみ »

親知らずが…

 私には、二本、親知らずがある。右下と左上にだ。中学生ぐらいの時に右下のが生えてきて、そのしばらく後に左上にも生えてきた。親知らずは痛みやすいと聞いてはいたが、二十年以上、何ともなかった。ただ、右の最奥歯と右下の親知らずの間は、チャーシューなどを食べた際に、必ず肉片がひっかかるポイントではあった。その、右下の親知らずに一ヶ月程前から、異変が起き出した。最初は、少し欠けただけかと思っていたら、ぼろぼろと崩れだし、一ヶ月の間に見事な溝が出来てしまった。歯医者のイメージがちらついてはいたが、ついに観念し、先程、歯医者の予約を取った。

 前に歯医者に言った時、私の親知らずは斜めに生えているらしく、先生から、「抜くとしたら、半端な痛みじゃないよ」と言われていたので、現在、相当、憂鬱である。しかし、この親知らず、不思議なことに、ちっとも痛くないのだ。ただ、欠けるペースが速まりだしたので、抜きにくくなる前に、先手を打った次第である。明後日の昼頃に歯医者の予約が取れたが、多分すぐには抜かないだろうと観ている。そんなこと考えていると、先生に、「今日、抜いちまおう」などと言われ、激痛に見舞われそうな気もする。やや被害妄想が行き過ぎている自分を感じるのであるが、私は男である。三国志の関羽は骨を削られても、悠々と碁を打っていたという。

 私の亡き親父には親知らずがなかった。母は四本生えてきたらしい。丁度、中間の二本が私には生えている。遺伝学的には面白いが、私は、親知らずに関しては、父の血を引きたかった。甘いもの嫌いで、ブラッシングもしているのに、欠けてきた。きっと、右下の親知らずの寿命なのだろう。

|

« 買い出しの日 | トップページ | 哀しい気持ち…おくやみ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54007154

この記事へのトラックバック一覧です: 親知らずが…:

« 買い出しの日 | トップページ | 哀しい気持ち…おくやみ »