« 映画『ゴールデンスランバー』を観て | トップページ | 初めての友人 »

奥入瀬渓流を歩いて

 今年の年賀状には、奥入瀬渓流で撮って頂いた写真を使った。奥入瀬渓流とは、十和田湖の北にある渓流で、四季折々美しい。一番人気があるのは、紅葉の季節らしいが、私が行った若葉の季節も悪くはなかった。日本の中でも緯度が高いので、六月頃が若葉の季節である。以前も車で通ったことがある道なのだが、今回は歩いてみたいと思った。丁度その日は晴れてくれたので、歩くこととした。この裏には、旅立つ前に、故親父から、「じっくりと観てこい」という指令があったのだ。

 車を十和田湖畔に駐めて、JRバスに乗り、奥入瀬渓流の途中で降りた。そこから約15Km、上流に向かって散策道を歩いた。なんでも、奥入瀬渓流は下流から観ないと良くないと、観光案内所のおばちゃんや、Y.Hの人から聞いた。まるで鏡面のようなせせらぎがあったり、かと思えば、小さいが迫力のある滝があったりで、まるっきり飽きなかった。なかには、釣りをしている方や、絵を描いていらっしゃる方もいた。私は裸足にサンダルだったので、ぬかるみでコケそうになったりもしたが、自然の見事なことったらなかった。おおよそ三時間半ぐらいで歩ききったが、気温がそれほど高くもなかったので、快適に散策ができた。

 都会にいると、時折、自分を見失ってしまうことも多い。そんな中で、見事な渓流を観ながら、緑の中を進む。最高に癒された瞬間だった。自分の足で歩いたというのも、のんびりした旅として、快適だった。もう一度行きたいな、と思う場所の一つである。

|

« 映画『ゴールデンスランバー』を観て | トップページ | 初めての友人 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54007112

この記事へのトラックバック一覧です: 奥入瀬渓流を歩いて:

« 映画『ゴールデンスランバー』を観て | トップページ | 初めての友人 »