« 誕生日というもの | トップページ | 映画『今度は愛妻家』を観て »

究極の逆張り

 先週、日航株が7円まで落ちた時に、10000株ほど購入した。これは別にマネーゲームのためではなく、万が一、日航が更生法を適用しない場合に、数年後にV字型回復し、株価が戻った時の事を考えてのことであった。宝くじを買うような気分で安易に手を出した。紙くずになっても辞さない覚悟でもあった。

 しかし、天の知らせか、日曜日に、私はいつも電話をくれる友人に、風邪が治ったかどうかを聞くために、自分から電話した。友人はお子さん二人と自転車で皇居の周りを走っている途中だった。いろんな話が飛び交ったが、私がふと、究極の逆張りとして日航株を買ったことについて触れた。その友人は航空業界についても詳しいのだが、「お前、あれは立ち直る見込みはねーぞ。来週中に日航株なんか紙くずだ。まあ、そういう経験をしておくのもいいのかも知れないけれどな」と語った。この時点で、私は逆張りに失敗したことを悟り、すぐに売りに出ようとしたが、その日は日曜日。株屋がやっていない。もどかしい気持ちで月曜日を待ち、朝一番で、やはり日航株が7円の所で売り抜けた。結局、手数料の分だけ損したことになるが、この、信頼できる友人の一言がなければ、頑固に持ち続けていたであろう。

 で、今朝の朝刊の一面の見出しは、『日航 更生法申請』である。記事を読めば読むほど、日航がどうしようもないところまで落ちていたことが解る。リストラの記事などを読むと、中高時代の友人が勤めているだけに、心配でもあるし、複雑な気持ちである。何事もなければいいが、とりあえずスリリングな一週間であった。

|

« 誕生日というもの | トップページ | 映画『今度は愛妻家』を観て »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54007080

この記事へのトラックバック一覧です: 究極の逆張り:

« 誕生日というもの | トップページ | 映画『今度は愛妻家』を観て »