« シメはラーメンで その2 | トップページ | 日航問題について »

ご覧、オリオンの星が墜ちてゆくよ

 私が初めて覚え、観測した星座は、オリオン座である。一等星が二つあり(赤いベテルギウスと、青白いリゲル)、真ん中の三つ星も印象的だった。私が好きな星は、シリウスとベテルギウスである。どちらも冬の大三角形の星だ。白い息を吐きながら見上げてきた。

 ベテルギウスは赤色巨星で、晩年を迎えた星として、夜空に赤く君臨していた。宝石箱を広げたみたいな夜空の中で、ベテルギウスは特に好きだった。そんなベテルギウスが寿命を迎えるかも知れないというニュースを読んで、複雑な思いになった。なんでも、超新星爆発の兆しがあり、いつ爆発しても、おかしくないとか。

 地球から600光年離れているので、地球上では星として見えるが、現場ではすでに爆発していても、おかしくはない。我々は600年前の光を観ているのだ。不思議な感覚である。赤色巨星の最後は、爆発し、ブラックホールだとか、星雲ガスとかに化ける。太陽系も、あと何十億年か経ったら、太陽も赤い色となり、膨らみ、地球も呑み込まれ、爆発するとされている。

 タイトルにつけたフレーズは、確か、宮沢賢治の詩集か何かで読んだものである。正確かどうかは解らないが、「ご覧、オリオンの星が墜ちてゆくよ」というフレーズは、妙に私の頭を打った。それが現実になろうとしているのだから、恐ろしい話でもある。

 今は素直に、コートを着て、真冬の海岸にでも、オリオン座を見に行きたい気分だ。

|

« シメはラーメンで その2 | トップページ | 日航問題について »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54007072

この記事へのトラックバック一覧です: ご覧、オリオンの星が墜ちてゆくよ:

« シメはラーメンで その2 | トップページ | 日航問題について »