« 映画『釣りバカ日誌 20 ファイナル』を観て | トップページ | 我が輩は弥吉である »

早熟でいい

 正月に弟の家族がやってきた話を書いたが、『マンガ日本の歴史・全二十巻』を貸してあげた。私が小学校の一年生の頃から読み続けていたので、弟の長男が幼稚園の頃から読ませろ、と言って貸そうとしても弟のカミさんは、置く場所がないから、と言って、遠慮からか持って帰ろうとはしなかった。こんなものは、早くから身につけておくに限るのにな、といつも思っていたが、いざ弟の長男が小学校の四年生になると、あっさりと持って帰った。条件は、もし僕が所帯を持って、子供ができたら返してくれること。こういう物には早くから取り組んでおいた方がいいのだ。

 諺などもマンガで覚えてしまった方が早い。それも渡そうかと思ったが、探しても見つからなかった。他にも書道などは、やっておいた方がいいともアドバイスした。書道は禅に繋がる要素があるのだ。勉強が忙しくなる前に、習っておいた方が得なのだ。

 スポーツは野球をやっているから、問題ない。ただ、うちの家系は体が硬いので、ストレッチを怠らない方がいいぞ、とは言っておいた。そうしたら、「ストレッチは嫌いだ」と言うので、「怪我をしたくなければ、やんなきゃだめだ」と言って、イチローの例を挙げた。

 何にせよ、子供は早熟な位で丁度いいのである。僕の友人などは、小学生の時に、宮沢賢治の詩集を読んでいたと聞いた。驚いたのだが、大器晩成と言うが、子供の時ぐらい、早熟でもいいのだ。吸収力があるうちに、いろんな事を身につければ、将来の礎となることは間違いない。早熟でなければ晩成もしない。大器とは、それまでに培ってきた教養と人間性の幅なのだ。

|

« 映画『釣りバカ日誌 20 ファイナル』を観て | トップページ | 我が輩は弥吉である »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54007066

この記事へのトラックバック一覧です: 早熟でいい:

« 映画『釣りバカ日誌 20 ファイナル』を観て | トップページ | 我が輩は弥吉である »