« 港町・ブリンディシ | トップページ | ゆるりといたそうか »

うちはうどん屋じゃねーぞ

 私と母は毎月15日の、父の月命日に墓参りに行く。一方、弟の家族は、長男が野球をやっているなどの事情で、休みも忙しいために、正月に墓参りに行くそうだ。だから、今日、これから墓参りに行ったら、きっと弟たちがそなえた花が残っていることだろう。ところで、仏花は途中のコンビニで購入するのだが、ちゃちな割に、いい値段をしている。私には暴利をむさぼってるとしか思えないのだが、墓参りの必需品なので、仕方なく買う。また、線香とライターとビールも持ってゆく。そして、墓の前で線香を焚いたら、般若心経を唱えて、墓の前の土にビールを撒くのが、私の家の墓参りの作法である。

 それにしても、今日は冷え込む。キーボードを打つ手が痛い。暖房を点けても、全く温度が上がらない。こんなに寒い日に墓参りに行くのは初めてである。先月も書いたが、墓参りの時の水が限りなく冷たいことだろう。手袋をしていこうか。

 それはそうと、昨日の夕方に、弟がひょっこりとやってきた。仕事で近くを通ったためらしい。弟は母の作る関西風のうどんが好きなので、いつも一人で来たら、うどんを食べていく。つられて、私と母の夕飯も、うどんということになる。昨日の弟は、ぶち切れていた。何でも、先月、史上最高の売り上げを記録したのに、ボーナスカットされたのが納得いかないというのである。確かに滅茶苦茶な話だ。弟は中小の肉屋の営業をやっているのだが、会社での成績はいつもトップらしい。弟に言わせると、「他の奴が雑魚なんだ」と言って、切り捨てた。しばらく愚痴を聞いた後、弟はさらりと帰って行った。私が、「あいつ何をしに来たんだ」と言うと、母が「うどんが食べたかったんじゃないの」と言うので、私は笑いながら、「うちはうどん屋じゃないのになあ。不思議な奴だ」と言って、弟の話題は幕を閉じた。しかし、弟もこの不景気の中で頑張っている。私も負けてはいられない。

|

« 港町・ブリンディシ | トップページ | ゆるりといたそうか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54007075

この記事へのトラックバック一覧です: うちはうどん屋じゃねーぞ:

« 港町・ブリンディシ | トップページ | ゆるりといたそうか »