« 『es(エス)』について | トップページ | オフ »

横須賀のベースでのこと

 大学三年か四年の時の事だったと思う。防衛大学に行った友人が、横須賀の米軍のベースに飲み行かないか?と誘ってくれたことがある。何でも、防衛大学の学生証を見せれば、友人を何人かまで、米軍基地に入れてもよいという規則があるそうだ。考えてみれば、防衛大学は、日本で唯一の士官学校として成り立っている大学である。戒律は厳しいが、大学生に給料を渡す、唯一の大学でもある。毎年、脱走者が出るらしいが(笑)。

 友人の誘いを喜んで受けた私は、半ば偵察模様で観察することにした。他に二人誘われていたから、合計四名である。私以外の、誘われた友人二人はネクタイをして、Yシャツを着ていた。

 横須賀の駅で落ち合って、ベースに乗り込むと、まずはディナーということで、上級士官のレストランへ行った。この時、私は腹が減っていなかったので、ハンバーガーを頼んだのだが、周りを見てみると、週末ということもあり、家族連れの米兵が多かった。と同時に、テーブルマナーの重要性を身に染みて感じた。

 ベースの中では、円をドルに替えた記憶がある。それも初めての経験で、新鮮だった。

 それから、下級兵のプールバーみたいな所に行って、カクテルを飲んだが、そちらの方が上級士官のものよりも、活気があって楽しかった。酔った勢いで、何人かの米兵と話をしたが、会話が成り立たなかった。読み書き英語と話す英語との違いである。そこで私は、英会話の重要性を、身をもって知った。

 帰宅後、両親に感想を述べると、テーブルマナーについては、「お前は基本はできているから、出されたものを外側のナイフとフォークから食べればいいんだ」とあっさりと言われた。英会話については、黙っていたが、その後、スクールに通わせてくれた。両親には、今でも頭が上がらない。おかげで、日常会話や、ちょっとした会話などはできるようになったが、英語で喧嘩ができるまでのレベルにまでは至ってはいない。

|

« 『es(エス)』について | トップページ | オフ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54007011

この記事へのトラックバック一覧です: 横須賀のベースでのこと:

« 『es(エス)』について | トップページ | オフ »