« ペット保険 | トップページ | 『es(エス)』について »

1円パチンコ

 ここ数年、パチンコ屋には足を踏み入れていなかったのだが、先日、母が、買い物しまくってくる日に、時間つぶしにパチンコを打つ事にした。『人待ちのパチンコはやってはいけない』と自分の中で鉄則としていたのだが、久々だからいいか、と気楽に考えていた。

 店には、まずまず人が入っていたので、いろんなシマを観察してみた。すると、驚くことに、『1円パチンコ』のコーナーがあった。いつから導入されたのか知らないが、以前までは貸し玉4円で、換金率が2.5円位のセブン台しかなかった。それが貸し玉1円で打てるというのは、画期的なことである。ローリスク・ローリターンであるから、千円札一枚で、純粋にパチンコが楽しめる。私は迷わず、1円パチンコを打つことに決めた。目標はタバコである。

 打つ台を決めると、千円分の貸し玉(1000発)が出てきた。『バクチとは戦争である。負けて得るものなど何もない』というのが、私の座右の銘で、打ち出したら久々に血がたぎった。すると、まもなく大当たり。ただその台は、5ラウンドまでしか打てなかった。一箱を積むには、三回ぐらいの当たりが必要であった。確変なのかは解らなかったが、時短にはなっていた。続けて打っていると、また大当たり。大当たりの連続の中で、私の携帯が震えた。母からである。「当分、終わりそうにない」と告げると、母もあっさり、「わかった」と返事した。一時間以上打って、三箱を積んだ頃には、早く終わってくれ、と念じるようになった。しかし大当たりは続く。

 結局、20回以上大当たりが続いて、出玉は4800発ぐらいであった。タバコ五個を取って、後は換金。換金率が気になったが、3500円になった。確かに、勝ったのは嬉しいのだが、一時間以上、母を待たせて、あれだけの大当たりを引いた割には、戦果がこれだけか、という空しさがあった。駐車場に戻ると母に詫びたが、母はあっさりと、「私が待たすこともあるからいいわよ」と、すんなり許してくれた。その母の一言だけが救いでもあった。

|

« ペット保険 | トップページ | 『es(エス)』について »

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54007009

この記事へのトラックバック一覧です: 1円パチンコ:

« ペット保険 | トップページ | 『es(エス)』について »