« 嘆き | トップページ | シカゴの街 その2 »

シカゴの街 その1

 アメリカでの移動手段であった、グレイハウンドのバスで、シカゴのダウンタウンに向かっていたとき、私は旅の疲れから、居眠りをしてしまった。起きたらシカゴのバスディーポの筈だったのが、何を思ったのか、私は途中で降りてしまった。『やっちまった』と思っても後の祭り、周りをキョロキョロしていた。すると駅がある。駅員に、「シカゴのダウンタウンに行きたいんですけれど」と尋ねたら、その駅から行けることが解り、一安心。地下鉄を降りると、目指すホテルにチェックインした。もちろん、いきなりの、ぶっつけ交渉である。

 宿が取れた私は、荷物を置き、街に出た。まず、友人宛のエアメールを出すために、道行く人に、郵便局の場所を聞いた。幸い近くにあったので、お礼を言って、すぐにたどり着く事が出来た。それが終わってから、シアーズタワーに登り、土地勘を得ようと試みた。

 めくらめっぽうに街の中心街を目指していたら、あの、映画『アンタッチャブル』のラストシーンに出てくる建物に出くわした。感激した私は、忙しそうにビルから出てきた、若いOLの方に、悪いなと思いつつ、「写真を撮って下さい」とお願いした。すると、快諾してくれたので、心の重荷が解けた。オープンで気取らないところが、アメリカ人のいいところだとも感じた。

 その日はそれまでで、夕食を採り、ビールを買ってホテルに戻った。そういえば、まだ、大学の研究室の、先輩へのお土産買ってないなあ、と思いながら眠りについた。(つづく)

|

« 嘆き | トップページ | シカゴの街 その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54007004

この記事へのトラックバック一覧です: シカゴの街 その1:

« 嘆き | トップページ | シカゴの街 その2 »