« 『SOUL RED 松田優作』を観て | トップページ | 般若心経の覚え方 »

コタツ導入

 昨晩、松田優作の『野獣死すべし』を自室で観てから夕食を採り、眠りに落ちた。最近は、お前映画の見過ぎだよ、と思えるくらいに観ている。これでいいのかどうかは解らないが、勉強にはなる。多少のお金をはたいてでも映画館に行くのは、何故だか自分でも解らない。

 さて、映画とは全く関係のない話だが、寒さ究る折、我が家では今日からコタツが導入された。去年コタツがぶっ壊れ、新たに購入したものである。コタツがぶっ壊れるなど想像だにしなかったが、新しいコタツが来るまで寒さを堪え忍んでいた時期が懐かしい。

 以前飼っていた、愛犬の弥七君もそうであったが、現在飼っている弥吉君もコタツの中に潜りっぱなしである。出てこさせようとしても、食べ物がない限り、出てこない。童謡の『雪やこんこん』では、猫がコタツで丸くなり、犬は喜び庭駆け回る筈なのだが、亡き弥七君も現在飼っている弥吉君も猫犬である。

 コタツといえば、掘り炬燵の方が私は好きである。姿勢が楽だからだ。とは言っても、現在掘り炬燵など、ほとんどの家庭では存在しないだろう。無論、我が家も同様だが。もし、我が家のコタツが掘り炬燵だったら、愛犬の弥吉君はずっとコタツの外に出られなくなるだろう。

 いずれにしろ、コタツのありがたみを感じると共に、季節の移り変わりの早さを感じる。

|

« 『SOUL RED 松田優作』を観て | トップページ | 般若心経の覚え方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006986

この記事へのトラックバック一覧です: コタツ導入:

« 『SOUL RED 松田優作』を観て | トップページ | 般若心経の覚え方 »