« 何でも知ってなきゃいけない病 | トップページ | こんなものか »

花屋と和菓子屋

 私は、ずっと、花屋は何で潰れないんだろう、と疑問に思っていた。花なんてすぐに枯れてしまうので回転が速い。仕入れと売りさばく量とを間違えたらあっという間に赤字が出るだろう、とも考えていた。それに花は、嗜好品だから、天候などによっても、売れ行きが左右され、きわめて危なっかしい商売だと思っていた。

 ところが実際はそうでもないと気がついたのは、我が家に仏壇が来てからだった。仏壇に飾る花は、週に一度は取り替える。これは需要として安定している。墓参りの時なども、仏花として購入する。我が家の場合、月に一度は墓参りに行くから、これも安定需要である。しかも、お盆やお彼岸の時には普段の1.5倍の値段で売りに出される。それでも買わざるを得ないのが、何とも言えず悔しい。他にも、お祝いの時にも、花は渡される。こう見えて、花屋の需要は、結構あることに気付く。しかも、原価は相当に安いだろうから、利益率も高いだろう。墓地の側のコンビニなどは、仏花を置いているところもある。

 同様なのが和菓子屋だ。消費期限の早い物を、どうやって売りさばくのかも謎だったが、仏壇にお供えする和菓子を購入する時に、ついでにと、他の物まで買ってしまう。他にも、お茶をやっている方などは、お茶菓子が欠かせないだろうことは容易に想像が付く。

 さてと。これから親父の墓参りに行きますかな。

|

« 何でも知ってなきゃいけない病 | トップページ | こんなものか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006957

この記事へのトラックバック一覧です: 花屋と和菓子屋:

« 何でも知ってなきゃいけない病 | トップページ | こんなものか »