« 仏壇拝み忘れた | トップページ | 花屋と和菓子屋 »

何でも知ってなきゃいけない病

 このblogを続けてから二年と四ヶ月が過ぎる。毎日書くことを三年間は続けようと思った私には、かなりのプレッシャーである。容量にすると雑誌四冊文は書いてきた。止めたいけれど止められないのは、意地である。友人に、「石の上にも三年」と言われれば、こちらも意地になる。寝ていても、ブログという言葉を聞くと目が覚める。

 ちなみに私は、この友人を恨んではいない。『継続は力なり』ということを、身をもって知った所存である。私が最も苦手としていた分野だ。多分、その友人は、『それくらいの障壁を乗り越えられなければ、誰からも相手にされないよ』と言ってくれたのだと思う。半月に一度は電話をくれる、友達の中の友達、親友だ。

 かつて彼に無償で小説を提供したことがある。彼の将来が見えないときに。しかしその小説も私の中で頓挫してしまい、途中から書けなくなった。その点でご迷惑を掛けたことは申し訳ない。一方で彼の会社は伸びていった。

 僕はかつて、小説を難しく考えすぎていた。『何でも知っていなきゃ行けない病』にもかかった。これは物書きが最初に落ちる病で、悩む。そういうときは、『世の中に何でも知っている奴なんているわけ無いだろ』と、逆説的に割り切ることである。

 独りで書くのは辛い。でも、その先にしか道なんて無いだろう。

|

« 仏壇拝み忘れた | トップページ | 花屋と和菓子屋 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006956

この記事へのトラックバック一覧です: 何でも知ってなきゃいけない病:

« 仏壇拝み忘れた | トップページ | 花屋と和菓子屋 »