« 怪しい電話には気合いで勝て | トップページ | 腕白坊主 »

用済みのパラドクス

 ぼんやりと考え事をしていたのだが、本能寺の変は明智光秀と朝廷が結託した、『朝廷陰謀説』が私には一番しっくりと来る。両者のメリットが合致するからだ。信長は、朝廷の権限であった年号を、天正と自分で決めてしまった。ゆくゆくは朝廷さえも配下にするか、潰すかする心づもりであった可能性が高いと観ている。当然、朝廷は危機感を抱く。信長と朝廷との橋渡しをしていた一人が光秀である。光秀も自分の立場について、ある危機感を持っていたのではないか。

 それは、古今東西変わらぬ、権力者絶対主義である。初めのうちは、自分の領地を広げるために、才能ある部下を歓待して、恩賞も弾む。しかし、全国を平定してしまえば、逆にその有能な部下どもが邪魔になる。何らかの因縁を付けて滅ぼしてしまう。この『用済みのパラドクス』にどれだけの武将が気がついていたのかは知らない。私は少なくとも光秀と秀吉は気が着いていたと観る。だから光秀は『本能寺の変』というクーデターを犯したのであろう。

 本能寺の変を知った秀吉に、軍師の黒田如水は、「殿、千載一遇の好機ですな」と囁いたという。秀吉が『用済みのパラドクス』に悩んでいたことをを見抜いていたのである。本心を見抜かれた秀吉は、天下を取ったときの恩賞で、黒田如水には、ほんのわずかしか与えなかったという。不思議に思ったある者が、何故なのかを聞くと、秀吉は、「あの者に一国も与えると、あやつが天下を取ってしまうわい」と言ったという。結局、黒田如水も『用済みのパラドクス』によって運命を左右されてしまった。歴史とは残酷なものである。

|

« 怪しい電話には気合いで勝て | トップページ | 腕白坊主 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006945

この記事へのトラックバック一覧です: 用済みのパラドクス:

« 怪しい電話には気合いで勝て | トップページ | 腕白坊主 »