« 『沈まぬ太陽』を観て  | トップページ | 『THIS IS IT』を観て »

一流の物には金を惜しむな

 骨董など、高価で贋作が多い物は別として、私は、音楽、映画、TVドラマ、書籍、絵画、仏像 etc において、一流の物を見たり聞いたりするためには、金を惜しまないことにしている。自分の感性を高めたり、考えさせられたりするものは、後々必ず、自分の肥やしになるからだ。いわば、自分への投資である。その時、解らないものでも、意地になって読んでみたり、聞いてみたり、観てみたりする。そして脳の中に留めておく。それらはいつか、自分の人生経験が豊富になったとき、解るようになる。

 では、どうやって一流かそうでないかを見分けるか。最初は経験値がないから、散財してしまうかもしれない。しかし、めげてはいけない。できるだけ多くのジャンルに手を出すべきだ。友人のアドバイスから初めてもいいだろう。難しくても完読する。解らなくても聞く。やがて、上記の作業を繰り返していると、自分の中に軸が出来る。こうなったらこちらのものだ。どんどんインプットする。それらは貴方の感性や教養となってにじみ出てくるようになる。もちろん、時間のかかる作業だから、早いうちから始めた方がよい。学校の勉強とは異なる。

 気をつけなければならないのは、何が一流であるか、というのは自分自身で決める、ということだ。マスメディアが流す大量の嘘にだまされてはいけない。その上で自己が確立された人には魅力がある。まあ、くだらない事をたくさん知っておくことも、必要なのだが。いや、むしろそっちの方が大切な気がしてきた。何でそう考えるかはまたの機会に書く。

|

« 『沈まぬ太陽』を観て  | トップページ | 『THIS IS IT』を観て »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006972

この記事へのトラックバック一覧です: 一流の物には金を惜しむな:

« 『沈まぬ太陽』を観て  | トップページ | 『THIS IS IT』を観て »