« お粥とうどん | トップページ | 野村ID野球についての会話 »

飲み過ぎた

 私はいつも、焼酎1に対して炭酸水4の割合で飲む。もしくはレモン水も混ぜたりする。これだと、アルコール濃度は大体5%ぐらいで、ビールを飲んでいるのと変わらない。翌日にも残らないし、楽しく飲める。お酒は楽しく飲むものだから、これはこれでいい。

 ところが夕べは何を思ったのか、焼酎をストレートでがぶ飲みした。現在もまだ少し酔いが残っている状況である。私は時々、ストレスがたまるとこれをやる。一人で黙々と飲むのだ。

 気がついたら裸になって寝ていた。当然記憶は飛んでいる。まだ家の中だからいいものの、外でやったら大変なことになる。と言うよりも、外では記憶が飛ぶ程までは飲まない。飲んでも最低限の理性は保っている。自宅だからという甘えで、しこたま呑んでしまった。

 別に反省することもない。だって故河島英伍も言っているじゃないか、『忘れてしまいたいことや~どうしようもないさみしさに~包まれたときに、男は酒を飲むのでしょう 呑んで~呑んで~呑まれて~呑んで~』と。昨日は無性に酔いつぶれてみたかったのである。

 たまには、許される範囲で羽目を外すことも、結構重要なことだと思うのだが、昨日は飲み過ぎて、今日はアセトアルデヒドの呪い(二日酔い)で苦しんでいる。すでにバチは当たっているのである。さてと、仏壇で読経でもしてきますか。

|

« お粥とうどん | トップページ | 野村ID野球についての会話 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/54006929

この記事へのトラックバック一覧です: 飲み過ぎた:

« お粥とうどん | トップページ | 野村ID野球についての会話 »